兵庫県立ものづくり大学校で【ハロトレ】受講費用と訓練コース

職業訓練で学ぼう

兵庫県立ものづくり大学校の訓練科と費用

施設内には以下のコースがあります。
施設内訓練はどのコースも授業料無料です。 ただし、教科書代金や検定試験受験料、作業服代金等は実費負担となります。

住宅系(1年制)

住宅設備コース 住宅や小規模事業所等の電気設備、エアコン等の空調設備、 ユニットバスやシステムキッチンを含む給排水衛生設備の知識・施工・保守の技術・技能の習得します。

木造建築コース 木造建築に関する専門的な知識と模擬家屋の製作を通じた在来軸組工法の墨付け、 加工などの技術・技能を習得します。

機械系(1年制)

機械加工コース 機械加工に関する専門的な幅広い知識を習得し、 汎用工作機械(旋盤・フライス盤)からコンピュータ制御工作機械の操作方法、CADによる作図技法の技術・技能を習得します。

機械製図・工作コース 機械製図、CAD/CAM、汎用及びNC工作機械による加工技術を一連のものづくりとして習得し、企業実習などを通じて職業キャリアを形成しながら、機械工作・技能を習得します。

金属系(1年制)

溶接コース 溶接に関する専門的な知識を習得し、被覆アーク溶接、半自動アーク溶接、ティグ溶接による各種材料の溶接施工ができる実践的技術者を養成します。

金属塗装コース 金属・噴霧塗装に関する実践的な技能と専門的な知識を有し、企業において金属塗装、自動車補修塗装の技能者として活躍する実践的技能者を養成します。

ものづくり複合コース 金属加工と塗装の知識技能を習得する。 金属加工分野では、薄板を中心とした板金や溶接の技術を学び、塗装分野では各種の素地に対する施工技術を学びます。また製品制作実習として様々なものづくりを実践します。【平成27年4月・新設】

6ヶ月CADコース

JISによる機械製図法、機械設計の基礎知識を学び、2次元CADによる作図、3次元CADによるモデリングなどの機械設計分野の基本技術を習得します。

*施設内訓練の日程について

訓練は祝日を除く月曜日~金曜日の9:00~16:10の日程で実施します。 単位制ではありませんのですべての訓練を受講していただきます。(注:検定試験や行事予定などの都合上、これらの日程は変更される場合があります。)

訓練期間は4月入校・翌年3月修了となり、夏休みは4週程度、冬休みは10日程度ですが、6ヶ月コース(CADコース)については、 前期生が4月入校・9月修了(夏休みは10日程度)となり、後期生が10月入校・翌年3月修了(冬休みは10日程度)となります。

条件により訓練期間中、雇用保険失業給付金が支給されます

雇用保険の受給資格がある方(または、予定の方)が 公共職業安定所の受講指示を受けて入校した場合には、 訓練期間中、雇用保険失業給付金(基本手当、受講手当、該当者には通所手当)が支給されます。
※必ず住所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)で相談を受けてから 応募してください。

兵庫県立ものづくり大学校の概要・沿革

兵庫県立ものづくり大学校は、もの づくり人材の育成・確保を図るための教育研修施設と、ものづくりの楽しさ、大切さを学び、ものづくりへの興味や関心を即すための体験施設の2つの機能を一体化した施設です。

沿革

姫路建築工補導所昭和20年11月

姫路市亀山に姫路建築工補導所として設置姫路職業訓練所昭和33年7月

職業訓練法施行により姫路職業訓練所と改称移転昭和37年11月

姫路市町坪に移転在職者訓練開始昭和47年4月

成人職業訓練(現在の企業在職者訓練)を開始姫路高等技術専門学院昭和61年4月

県立姫路高等技術専門学院と改称ものづくり大学校平成23年4月

姫路市市之郷に県立ものづくり大学校 姫路職業能力開発校として移転・改称ものづくり体験館平成25年1月

県立ものづくり大学校 ものづくり体験館を供用開始

兵庫県立ものづくり大学校 アクセス

住所・電話番号・URL

兵庫県姫路市市之郷1001番地1

TEL:079-240-7077

兵庫県立ものづくり大学校
兵庫県立ものづくり大学校は、ものづくり人材の育成・確保を図るための教育研修施設と、ものづくりの楽しさ、大切さを学び、ものづくりへの興味や関心を即すための体験施設の2つの機能を一体化した施設です。\r\n職業訓練学校(教育研修)である当校は、近年減りつつある製造業、建設関連等の技術を持ったスペシャリストを育成する施設...

アクセス

兵庫県の職業訓練校