【失業保険の認定日】失業認定申告書の書き方≫期間中の求職活動実績(職業訓練)

失業認定申告書

失業認定申告書の記載内容 (失業給付の振込日の確認)

職業訓練期間中に失業給付を受給する方は、失業認定申告書に認定日と認定日の間で行ってきた求職の活動内容を記入し、提出します。失業給付を受け取る求職者は、認定日から認定日の間で2回以上、仕事を探すことが条件となっており、その報告をするために提出するのが失業認定申告書になります。

=ママ専用Webデザイン講座=

=PR= 1ヵ月間全5回 短期間で学べるママ専用Webデザイン講座

ママ専用Webデザイン講座

1ヶ月全5回の短期間完結。絞ったカリキュラムで、adobe Photoshopを使ったWEBデザイン制作が短期間で学べます。【PCレンタル制度】パソコンレンタル制度でパソコンが無くても安心。

ママのための1ヶ月 Famm「Webデザイン講座」 ママ専用Webデザイン講座

=PR= 全国23校舎、週1回6ヵ月間 ヒューマンアカデミー【WEBデザイン講座】

WEBデザイン講座

アドビプラチナスクールパートナーだからアドビソフトをフル活用したWEBデザイン制作を学べます。【転職・スキルアップ】転職カウンセラー、プロ講師のサポートで、転職も安心。

ヒューマンアカデミー WEBデザイン講座 WEBデザイン講座
-PR-

------- PR -------

認定期間

失業の認定をうけようとする期間です。1ヵ月ごとに申請します。

就労・収入

就労をしていた日数は除外されます。

求職活動

期間内に就職活動をしていないと失業と認定されません。

紹介に応じられる

特別な事情がない限り、紹介に応じられる必要があります。

氏名・支給番号

最後にサインと印鑑です。

=忍者CODE【WEBデザインコース転職支援プラン】=

=PR= 3カ月~5カ月の学習で転職成功【WEBデザインコース転職支援プラン】

WEBデザインコース転職支援プラン

オンラインプログラミングスクール忍者CODEの【WEBデザインコース転職支援プラン】は、未経験からでもスキルを習得できる“実践的カリキュラム”と、転職成功まで一気通貫でサポートする学習プランです。学習後に、ポートフォリオ作成や履歴書・職務経歴書の作成サポートがあるので、転職面接も安心。初学者向け無料スキルアップ動画、30分の無料体験レッスン、無料メンター相談もあります。

未経験からWEBデザイナーへ、オンラインプログラミングスクール【忍者CODE】 WEBデザインコース転職支援プラン
-PR-

------- PR -------

所定給付日数

これで給付額が確定します。1ヵ月分ですが、申請日が前後しますので、30日分前後となります。

失業認定申告書

雇用保険の失業給付と求職者支援訓練

求職者支援訓練では、雇用保険の失業給付の訓練延長給付はない

公共職業訓練では「雇用保険の失業給付の訓練延長給付」がありますが、求職者支援訓練は「雇用保険を受給できない求職者」を主な対象としているため、「雇用保険の失業給付の訓練延長給付」の適用はありません。

雇用保険の失業給付受給者でも、求職者支援訓練の受講は可能

求職者支援訓練は、受講生の要件に「雇用保険の受給資格がある」ことが入っていないので、主な対象者は「雇用保険を受給できない求職者」となります。が、定員を満たしてない訓練によっては「雇用保険の受給者」でも受講が可能になることがあり、また、受講の応募についても「雇用保険の受給資格がある」ことを理由に応募ができないといったことはありません。