テクノカレッジ米原(滋賀県立高等技術専門校米原校舎)で【受講費用】と職業訓練コース一覧

職業訓練で学ぼう
=ママ専用Webデザイナースクール・テックキャンプ=

1ヵ月全5回。短期間で学べるママ専用Webデザイナースクール

ママ専用Webデザイナースクール

1ヶ月全5回の短期間完結。在宅ワークやキャリアアップのスタートに、本当に必要な項目だけに絞ったカリキュラムで、Webデザイナーの基本「ページ作成」と「バナー作成」が身につきます。(仙台から関東主要都市、名古屋、大阪、広島、福岡の各エリアの専任講師によるLIVE配信や少人数スクールです。)

1ヶ月全5回「Fammママwebデザイナースクール」ママ専用Webデザイナースクール

国内最大級のプログラミングスクール【テックキャンプ】全国4都市8教室

TECH CAMP

国内最大級のプログラミング専門スクール「テックキャンプ」は、東京・名古屋・大阪・福岡でエンジニア転職のためのプログラミング教室を展開。
3~6ヵ月で600時間という短期集中&業界最大級の学習内容で即戦力のスキルを身に付け、エンジニア転職を成功に導きます。

国内最大級のプログラミングスクール【テックキャンプ】はコチラTECH CAMP
-PR-

------- PR -------

テクノカレッジ米原(滋賀県立高等技術専門校米原校舎)の訓練科と費用

「テクノカレッジ」は滋賀県立高等技術専門校の愛称です。

テクノカレッジは、職業能力開発促進法に基づく公共職業訓練施設として県が設置し、充実した設備と優秀なスタッフのもと、企業や地域ニーズに応える確かな技能・技術を目指した実践的な訓練を行い、企業で通用するスペシャリストの育成を行っています。

平成21年4月1日より、「滋賀県立近江高等技術専門校」と「滋賀県立草津高等技術専門校」は、県の組織機構の見直しに伴い統合し、「滋賀県立高等技術専門校」となりました。施設の設置場所は変わらず、それぞれ米原校舎、草津校舎と呼び、愛称を「テクノカレッジ米原」、「テクノカレッジ草津」としています。

普通課程 メカトロニクス科

電気電子・機械・制御が融合してつくりあげる生産機器の組立、操作および保守をはじめ、制御システムの開発・設計などの技能と知識を習得できます。電気電子・機械・制御の各分野を総合的に学び、ひとつのシステムの中での相互の結びつきを重視し、実践的な時間を十分に確保することにより、幅広い知識や技能を身に付けた技能者を養成します。

期間・定員・入校時期

  • 期間2年
  • 定員10名
  • 入校時期4月

受講料

  • 月額9,900円(年間118,800円)
  • 受講料の減免制度があります。(一定要件を満たす必要があります。)
  • 入校直後の経費として、教科書等に約65,000円必要です。

短期課程

訓練科名訓練期間実施校舎入校時期定員受講料は無料 その他の費用
木造建築科(建築科相当)1年米原4月20名教科書・作業帽(約23,000円)や作業服等の自己的経費は、実費負担が必要です。
ものづくり加工科1年米原4月・10月10名×2教科書や作業服等の自己的経費は、実費負担が必要です。
生産CAD科6ヶ月米原4月・10月10名×2教科書や作業服等の自己的経費は、実費負担が必要です。
電気エネルギー設備科6ヶ月米原7月・1月15名×2教科書や作業服等の自己的経費は、実費負担が必要です。
住宅リフォーム科6ヶ月米原7月・1月10名×2教科書や作業服等の自己的経費は、実費負担が必要です。
生産システム設備科(日本版デュアルシステム)1年米原7月10名教科書や作業服等の自己的経費は、実費負担が必要です。
概ね45歳未満の求職者の方
(高等学校卒業程度の知識が必要)
ものづくり金属科1年米原4月・10月10名×2教科書や作業服等の自己的経費は、実費負担が必要です。

条件により訓練期間中、雇用保険失業給付金が支給されます

雇用保険の受給資格がある方(または、予定の方)が 公共職業安定所の受講指示を受けて入校した場合には、 訓練期間中、雇用保険失業給付金(基本手当、受講手当、該当者には通所手当)が支給されます。
※必ず住所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)で相談を受けてから 応募してください。

テクノカレッジ米原(滋賀県立高等技術専門校米原校舎) アクセス

住所・電話番号・URL

〒521-0091 滋賀県米原市岩脇411

TEL:0749-52-5300

滋賀県立高等技術専門校 (テクノカレッジ米原・テクノカレッジ草津)|滋賀県ホームページ

アクセス

滋賀県の職業訓練校