和歌山県立田辺産業技術専門学院で【ハロトレ】学費と訓練科

職業訓練で学ぼう

和歌山県立田辺産業技術専門学院の訓練科と費用

和歌山県立田辺産業技術専門学院は、職業能力開発促進法に基づいて、和歌山県が設置・運営している職業能力開発施設です。
施設内訓練では、主として新規学卒者、若年離転職者を対象に、就職に必要な技能・知識を習得できるよう訓練を行っています。
訓練科は自動車工学科(2年課程)、観光ビジネス科(1年課程)、情報システム科(2年課程)の3科です。

その他、県内の教育訓練機関を利用した施設外訓練(離転職者等職業訓練)も行っています。 

訓練科定員訓練期間(年)受験資格
(※10月選考は40歳以下の方、2月選考・3月選考では年齢制限はありません)
自動車工学科20 名2 年高卒(見込)者以上(補足1)
観光ビジネス科20 名1 年高卒(見込)者またはこれと同等以上の学力があると認められる方
情報システム科10 名2 年高卒(見込)者またはこれと同等以上の学力があると認められる方(補足2)

(補足1)高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格した方等も受験できます。
(補足2)パソコンの基本操作ができる方が対象となります。なお、訓練は、和歌山県立情報交流センターBig・U分教室となります。

入学考査料

2,200円必要です。
和歌山県収入証紙を入学願書に貼付して納付してください。

入学金

5,650円必要です。
和歌山県収入証紙を入学時、誓約書に貼付して納付してください。

和歌山県収入証紙

紀陽銀行田辺支店・南部支店・日置支店、西牟婁振興局、白浜町役場、上富田役場等で販売しています。

授業料

1年間に、計120,600円(授業料118,800円、空調機使用料1,800円)が必要です。
年4回(4月末、7月末、10月末、1月末)に分けて納付してください。

授業料の減免制度があります。対象要件は以下のとおりです。詳しくは学院にお問い合わせください。

  • 生活保護法第6条第2項に規定する被保護者
  • 長期にわたる傷病等の事故又は死亡の場合
  • 経済的理由その他の特別の事由により家計が特に困難になった場合
  • 天災その他の災害に遭い著しい損害を受けた場合

各科別経費(令和2年度入学予定者)

その他、各科で教科書、実習服、工具など個人が所有するもの要する費用等が必要になります。
入学試験合格後1ヶ月以内の支払期日までに納付してください。

  • 自動車工学科1年 160,000円
  • 自動車工学科2年 75,000円
  • 観光ビジネス科 85,000円
  • 情報システム科1年 80,000円
  • 情報システム科2年 34,000円

条件により訓練期間中、雇用保険失業給付金が支給されます

雇用保険の受給資格がある方(または、予定の方)が 公共職業安定所の受講指示を受けて入校した場合には、 訓練期間中、雇用保険失業給付金(基本手当、受講手当、該当者には通所手当)が支給されます。
※必ず住所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)で相談を受けてから 応募してください。

和歌山県立田辺産業技術専門学院 アクセス

住所・電話番号・URL

〒646-0011 和歌山県田辺市新庄町1745−2

TEL:0739-22-2259

和歌山県ホームページ Wakayama Prefecture Web Site

アクセス