神奈川県立東部総合職業技術校(かなテクカレッジ東部)で【ハロトレ】受講費用と訓練コース

職業訓練で学ぼう

かなテクカレッジ東部 訓練科と費用

募集予定コース募集定員訓練期間
造園2名1年
セレクトプロダクト9名※パターンS1が2名、S2が3名、S3が4名。1年
機械CAD1名6か月
溶接・板金3名6か月
ケアワーカー6名6か月
給食調理4名6か月
チャレンジプロダクト8名1年

訓練に要する費用

入校検定料・入校料・授業料について

訓練期間が1年・2年のコースは、次の費用がかかります。

入校検定料2,200円
入校料5,650円
授業料(年間)118,800円(月々9,900円)

ただし、チャレンジプロダクトコースとセレクトプロダクトコースは、無料です。
訓練期間が6か月のコースは、入校検定料、入校料、授業料とも無料です。
また、一定の要件を満たす方を対象に、授業料を免除します。

教科書代・作業服代・工具代など

全コースご本人負担です。
負担額はコースによって異なりますが、おおよそ10,000円から60,000円程度です。
また、一定の要件を満たす方を対象に、教科書及び作業服の支給をします。

その他

上記のほか、校外学習や資格取得のために必要な費用が別途かかります。
■職業訓練生総合保険(任意)の保険料は、次のとおりです。

訓練期間保険料
6か月4,800円
1年8,300円
2年15,400円

条件により訓練期間中、雇用保険失業給付金が支給されます

雇用保険の受給資格がある方(または、予定の方)が 公共職業安定所の受講指示を受けて入校した場合には、 訓練期間中、雇用保険失業給付金(基本手当、受講手当、該当者には通所手当)が支給されます。
※必ず住所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)で相談を受けてから 応募してください。

かなテクカレッジ東部 沿革・概要

東部総合職業技術校は、工業技術、社会サービス、建築技術の各分野の訓練を1校で実施する大規模・総合型の公共職業能力開発施設です。 正式名称神奈川県立東部総合職業技術校
(愛称:かなテクカレッジ東部)所在地〒230-0034 横浜市鶴見区寛政町28-2(旧県立寛政高等学校)敷地面積(延べ床面積)38,345平方メートル(20,468平方メートル)訓練規模16コース、延べ定員590名

昭和22年12月木工技術学院(旧・京浜高等職業技術校)を川崎市川崎区に設置
昭和29年7月横須賀公共職業補導所(旧・横須賀高等職業技術校)を横須賀市浦郷に設置
昭和31年4月鶴見公共職業補導所(旧・鶴見高等職業技術校)を横浜市鶴見区に設置
昭和39年12月中原職業訓練所(旧・川崎高等職業技術校)を川崎市下小田中に設置
昭和53年4月紅葉ケ丘女子専修職業訓練校(旧・紅葉ヶ丘高等職業技術校)を横浜市西区に設置
昭和61年4月横須賀高等職業技術校・衣笠分校を横須賀市公郷町に設置
平成16年3月横須賀高等職業技術校・衣笠分校を廃止
平成18年3月京浜高等職業技術校を廃止
平成18年4月川崎高等職業技術校・京浜分校を設置
平成19年10月かなテクカレッジ(東部総合職業技術校)を設置
平成20年3月鶴見、紅葉ヶ丘、川崎、横須賀の高等職業技術校及び京浜分校を廃止
平成20年4月かなテクカレッジ(東部総合職業技術校)を開校
平成24年4月愛称を、かなテクカレッジ東部に変更

かなテクカレッジ東部(神奈川県立東部総合職業技術校) アクセス

住所・電話番号・URL

横浜市鶴見区寛政町28-2
(JR鶴見線安善駅下車徒歩1分)

TEL:045-504-2800

かなテクカレッジ東部(東部総合職業技術校)
産業労働局東部総合職業技術校

アクセス

神奈川県の職業訓練校