宮崎県で≪福祉のお仕事≫福祉人材センター(福祉人材無料紹介所)

=ママ専用Webデザイナースクール・シカトル=

1ヵ月全5回。短期間で学べるママ専用Webデザイナースクール

ママ専用Webデザイナースクール

1ヶ月全5回の短期間完結。在宅ワークやキャリアアップのスタートに、本当に必要な項目だけに絞ったカリキュラムで、Webデザイナーの基本「ページ作成」と「バナー作成」が身につきます。(仙台から関東主要都市、名古屋、大阪、広島、福岡の各エリアの専任講師によるLIVE配信や少人数スクールです。)

1ヶ月全5回「Fammママwebデザイナースクール」ママ専用Webデザイナースクール

介護・福祉・医療の資格情報サイト【シカトル】で講座資料請求

女性のための資格情報

「シカトル」は、介護・福祉・医療に特化した資格情報サイトです。通学講座や通信講座などの講座情報・資料請求・資格試験情報などが検索可能。気になる資格の情報や、近くのスクールの講座案内を無料で一括資料請求することができるので便利なサイトです。

介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』女性のための資格情報
-PR-

------- PR -------

介護職員初任者研修科 ワークステーション柳丸校

取扱校:宮崎県立産業技術専門校

取得可能な資格

・介護職員初任者研修課程(全課程を履修し評価試験に合格した者)
・同行援護従業者養成研修(一般課程・応用課程)(全課程を履修した者)
・福祉用具専門相談員養成研修(全課程を履修し評価試験に合格した者)

訓練目標

介護職員に必要な基礎知識、基本技能・技術の習得と目の不自由な方への支援を学び、さらに福祉用具専門相談員としての知識・技術を身につけることで、訪問介護員、施設介護員、福祉用具専門相談員としての就職を目指す。

仕上がり像

専門知識を得ることで、訪問介護員・施設介護員だけではなく、福祉用具専門相談員として福祉用具貸与事業所の営業職にも就職ができる。資格取得することで、福祉業界での就職の幅が広がりさまざまな介護現場で活躍ができる。
またそれぞれの現場では、訓練で学んだ介護の基礎知識や技術を活かし、利用者に寄り添った安心安全の介助支援ができる人材になれる。

訓練内容

オリエンテーション(入校式・修了式を除く)受講に関しての注意事項、提出書類等の説明、資格取得の修了要件等、施設利用について等、修了後の就職に関連する提出物及び就職支援についての
説明

就職支援ジョブカードの概要・作成支援・自己理解、履歴書の書き方・ポイント、経
歴等の棚卸し・職務経歴書の書き方・ポイント、履歴書に基づくマナー及 び
模擬面接、職業人講話、キャリアコンサルティング

30
介護職員初任者研修職務の理解、介護における尊厳の保持・自立支援、介護の基本、介護・福祉
サービスの理解と医療との連携、介護におけるコミュニケーション技術、 老
化の理解、認知症の理解、障害の理解、こころとからだのしくみと生活 支援技術(知識・実技)、振り返り、評価試験

138
同行援護従業者養成研修視覚障がい者(児)福祉サービス、同行援護の制度と従業者の業務障がい・疾病の理解①②、障がい者(児)の心理①②、情報支援と情報提供、代読・代筆の基礎知識、同行援護の基礎知識、基本技能、応用技能、場面別基
本技能、場面別応用技能、交通機関の利用

36
福祉用具専門相談員
養成研修
福祉用具と福祉用具専門相談員の役割、介護保険制度等に関する基礎知
識、高齢者と介護医療に関する基礎知識、個別の福祉用具に関する知識・
技術、福祉用具に係るサービスの仕組みと利用の支援に関する知識、福祉用具の利用の支援に関する総合演習、評価試験

51
安全衛生心身の健康管理、整理整頓の原則
総合演習初任者試験の出題傾向と対策、福祉用具試験の出題傾向と対策、職場実習前の心構え・演習、職場実習を終えて得た点、課題整理・演習
24
職場実習介護施設内での実習54

福祉人材センターで求職活動

福祉人材センター・バンクは、以下の5つの事業を柱として活動を行っています。
また、事業をすすめるにあたっては、ハローワーク(公共職業安定所)や自治体、市区町村社会福祉協議会、福祉・介護事業者団体、教育関係者など、幅広い関係者・団体と連携し、福祉人材の確保・育成・定着に取り組んでいます。

理解促進

福祉の仕事について、幅広い世代に知ってもらうための取り組みを行っています。

  • 小・中・高校生や保護者、地域住民に対して、授業の一環として福祉を体験する場を提供したり、休日を利用した参加型イベントを実施しています。
  • スーパーやショッピングモール等で、福祉の仕事や福祉人材センター・バンクを知ってもらうイベントを開催しています。
  • 介護の基礎知識や技術を学ぶ研修会を開催しています。
  • ホームページやSNS等により、福祉の仕事に関する情報を発信しています。

就業促進

仕事をしたい方と職員を募集する法人・事業所の橋渡しを行っています。

  • 無料職業紹介事業者の許可を得て、職業あっせんを行っています。専門知識を持った職員が丁寧に対応しています。
  • 職場見学や職場体験に行って、ご自身にあった職場を探すことができます。
  • 就職フェア等、求職者と法人・事業所が直接会える場を提供しています。
  • 大学や専門学校において、福祉の仕事についての説明や福祉人材センター・バンクの紹介を行っています。
  • 「福祉のお仕事」Webサイトで求職登録・求人登録が行えます。また、現在募集されている求人情報を閲覧できます。

福祉人材センターの相談支援

福祉の仕事に従事されている方や法人・事業所に対して、相談・支援体制を整えています。

  • 福祉の仕事に従事されている方からの悩み相談を受け付けています。内容に応じて介護福祉士会等の専門職団体や弁護士等の専門家につなげることもできます。
  • 法人・事業所からの人材確保等に関する相談を受け付けています。求人を登録いただいている法人・事業所を福祉人材センター職員が訪問して、アピールポイント等事業所の状況を伺っています。
  • 福祉の仕事をしたい方の相談も受け付けています。ご自身の状況に応じて支援いたします。

資質向上・定着促進

福祉の仕事に従事されている方や法人・事業所に対して、研修の場を提供しています。

  • 福祉の仕事に従事されている方に、階層別、テーマ別の研修会を開催して、スキルアップを支援しています。
  • 法人・事業所に対して、働きやすい職場づくりに向けた人事労務管理等に関する研修会を開催して、人材確保や質の高い福祉サービスの安定的な提供を支援しています。
  • 人材センターを通じて就職された方に対しては、センター職員が悩みを聞いたり、相談に応じる等のフォローアップを行っています。

その他

  • 介護福祉士等届出制度による、介護分野の有資格者に対する就職支援を行っています。
  • 保育士・保育所支援センターを受託して、保育士の就職支援を行っています。
  • 福祉人材の確保・育成・定着に関する調査・研究を行っています。
  • 上記以外にも、多様な関係団体と連携しながら、人材確保・養成・定着のためのさまざまな事業を行っています。