青森県で≫医療事務の資格取得講座≫試験対策と求人

-PR-

------- PR -------

医療調剤事務科 青森ビジネス専門学校

取扱校:青森県立青森高等技術専門校

資格

医療事務検定試験/調剤薬局事務検定試験/医事コンピュータ能力技能検定試験(日本医療事務協会)
Word 文書処理技能認定試験3級/Excel 表計算処理技能認定試験3級(サーティファイ)

訓練目標

医療機関、調剤薬局等における受付、診療報酬や調剤報酬請求事務、会計事務などに関する知識・技術を習得し、併せて医療関係機関のIT 化への適応を目指す。

訓練内容

1医療保険制度概要医療保険の歴史、保険者と被保険者等10
2基本的診療初診料・再診料・入院料等20
3高齢者医療・公費負担医療後期高齢者医療、介護保険、公費負担等10
4特掲診療医学管理等、在宅医療、検査、画像診断、投薬、注射、リハビリテーション、精神科療法、処置、手術、麻酔、病理診断
82
5患者接遇・窓口業務医療保険の内容、受付業務等、受付窓口演習(ロールプレイング)20
6調剤報酬算定薬の基礎知識、明細書作成30
7医科明細書作成カルテ症例明細書作成10
8医事システム特徴と診療受付10
1医科診療報酬明細書カルテ症例診療明細書作成・点検24
2医療事務受験対策受験対策セミナー20
3医事コンピュータ訓練医事コンピュータ基本操作、電子カルテ基本操作40
4医事コンピュータ受験対策受験対策セミナー20
5調剤報酬明細書調剤報酬明細書作成、点検20
6調剤受験対策受験対策セミナー20
7パソコン基本操作基本操作、キーボード、マウス操作、文字入力、ファイル管理、
周辺機器の操作
10
8ワープロソフト実習文字編集、書式設定、表作成、文書の保存、印刷、段落書式、図の
挿入、ビジネス文書作成

70
9表計算ソフト実習セルとワークシート、書式設定、数式、関数、グラフ作成、検索・
抽出・並べ替え、データベース

70
10パソコン受験対策受験対策セミナー30

雇用保険の失業給付(基本手当・受講手当・通所手当)

基本手当とは

雇用保険の被保険者の方が離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職するために支給されるものです。雇用保険の一般被保険者に対する求職者給付の基本手当の所定給付日数(基本手当の支給を受けることができる日数)は、受給資格に係る離職の日における年齢、雇用保険の被保険者であった期間及び離職の理由などによって決定され、90日~360日の間でそれぞれ決められます。

受給期間の延長とは

失業保険をもらっている期間中にハローワークから紹介され公共職業訓練を受講すると失業保険(雇用保険)の受給期間は延長されます。原則として所定給付期間日数の2/3の受給日数を受け終わるまでに訓練を開始しないと訓練給付延長は受けられません

この訓練延長給付は、以下の3つの期間に適用されます。

  1. 訓練などを受けるために待機している期間
  2. 訓練などを受講している期間(最長で2年)
  3. 訓練などの終了後に再就職が困難な期間(最長30日)

職業訓練は3カ月、6カ月のコースが多く設定されていますが、若年層向けのコースには1年または2年間受講するコースも開設されています。この制度を上手に利用すると、本来の所定給付日数が90日しかない人も元の日数に加えて職業訓練を受給する期間分だけ支給日数が延長されることになります。

受講手当とは

受講手当は、受給資格者が公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受ける場合に支給されます。支給の対象となるのは、基本手当の支給の対象となる日のうち公共職業訓練等を受けた日です。

受講手当の日額は500円です。受講手当の上限額は20,000円です。

通所手当とは

通所手当は、受給資格者の住所又は居所から公共職業訓練等を行う施設へ通所するために交通機関、自動車等を利用する場合に支給されます。

通所手当の月額は通所方法によりますが、最高42,500円までです。

支給対象にならない日がある月については日割により減額して支給されます。

青森ビジネス専門学校 アクセス

委託訓練校

青森ビジネス専門学校  青森市篠田3-1-14

医療事務とは?

医療事務は、その名の通り医療機関等における事務のお仕事です。未経験でも取得でき、全国各地でさまざまな医療機関等から求められている資格のため、その資格取得に興味のある方も多いでしょう。
ここでは、医療関係の仕事に興味のある方、医療事務として働くことを目指している方に、医療事務の仕事内容や資格の種類や資格取得に向けた講座について詳しくご説明します。ぜひ参考にしてください。

1. 病院などの医療機関における事務の仕事

医療事務は一般事務と比較して、医療に携わる人間としての基礎的な医学知識や医療保障制度、医療関連の法規などについての知識が求められます。
多くの専門知識を身につけることが求められますが、たくさんの人の助けとなるサービスに携われるやりがいある仕事です。医療事務には受験資格はなく、未経験でも資格取得が可能です。※医療事務は民間資格です。

2. 医療事務の資格はメリットが多い!

専門知識やスキルを活かし、いくつになっても働ける!

医療事務の仕事は実務経験が重宝されるため、いくつになっても働き続けられる仕事です。
特に診療報酬請求事務の仕事は、高い専門知識が必要なため、医療の現場から強く求められています。そのため子育てなどでブランクがあっても復職しやすく、その点も医療事務資格取得のメリットとなっています。

全国の医療機関で安定した求人ニーズあり!

景気に左右されにくい医療機関では求人ニーズが安定しています。
医療事務の業務内容や求められるスキルは全国共通です。そのため、家族の転勤など勤務地を変更する必要が出てきた場合でもすぐに新しい場所で活用できます。

働く時間が選びやすい!

フルタイムでも午前中だけでも!ご自身の都合で働き方が選びやすい職場が多いのも医療事務の仕事の魅力です。家事との両立のため正職員が無理なときでも、派遣社員やパートで働くなど、自分のライフスタイルに合った勤務形態が選べます。

時給1,600円以上の求人も!

ほかの事務の仕事と比べて、医療事務は勤務経験や業務に関する知識、資格の有無を高く評価してくれる仕事です。医薬品関連企業の症例登録業務や、レセプトシステム企業の電話オペレータ、医療事務マネージャー候補など、医療事務経験を積めばつむほど、経験者ならではの良い待遇で働くことが出来るようになります。

社会貢献の実感が多く得られる!

医療事務の現場では患者様やそのご家族など、その施設を利用する方々と触れ合う機会が多く、日々の業務の中で感謝の言葉が聞けたり、人の役に立っているという実感が湧いてきます。

3. 医療事務の受講費用

一般的な受講費用の目安:最安値30,000円台~160,000円

スクールによって受講費用は様々です。通信の主な講座では大体30,000円台~90,000円程度、通学の場合100,000円~160,000円程度になります。

高額の講座でも、コースや講師陣が充実していたり、資格取得後のサポートもしっかりしているなどメリットも多くありますので、まずはご自身がどのように学ばれたいかを考えてスクールを選ぶことが大切です。

4. 医療事務の受講期間

資格の取得にかかる期間は様々です。短期集中の講座では1ヵ月で取得可能なものもあれば、専門学校などで複数年かかるものもあります。どの程度の期間での取得を目指すのか、講座による違いを考えて適切な講座を選ぶようにしましょう。

通信の場合

通信講座の一般的な終了目安:3ヵ月~半年

通信のため厳密な期間は定まっていませんが、講座自体はおおよそこの期間で終了できるプログラムが組まれている場合がほとんどです。なかには最短1ヵ月で取得可能な講座もあります。注意したいのは通信講座の場合、講座に有効期間あるいは延長期間というものを定めている場合があることです。通信で受講をする場合は気をつけましょう。

通学の場合

通学講座の一般的な終了目安:1ヵ月~半年

講座の形態によって若干異なっており、全日制では最短8日~、夜間講座または週に1回~2回の講座(土日のみ等)で3ヶ月半~半年くらいになります。

医療事務講座のニチイ学館とは?

『医療関連事業』、『ヘルスケア事業』、『教育事業』を柱に事業を展開している。医療関連事業とヘルスケア事業の人材を教育事業で育成する『教育から就業まで』と銘打つビジネスモデルにより事業を全国に拡大している。

教育部門では、『医療事務講座』および『ホームヘルパー講座2級課程』を中心に、医療・介護現場で役立つ各種実務講座・資格取得講座を全国で開講。2008年10月には、医師の事務作業を補助する『ドクターズクラーク』を養成する『メディカルドクターズクラーク講座』を開講している。

医療関連事業では医療機関(病院・診療所・クリニック)における診療報酬請求等を行う医事業務受託事業を中心に、その他医療機関経営に対するコンサルティングを行う。

ヘルスケア事業では、介護予防から在宅系介護(訪問介護・通所介護等)、居住系介護(有料老人ホーム、グループホーム等)までのトータル介護サービスを展開。家事代行サービスや高齢者専用賃貸住宅等の介護保険外サービスも展開し、利用者のライフステージにあわせたサービス提供を目指すとしている。