電気工事士≫ポリテクセンター新潟で≫公共職業訓練

1日単位のお仕事1日単位のお仕事
電気設備技術科
=第二種電気工事士講座=

第二種電気工事士講座のコース

技能試験対策コース

筆記+技能試験対策コース 

各コース、技能試験対策用練習材料付き

第二種電気工事士通信講座 月々3,980円

第二種電気工事士通信講座第二種電気工事士通信講座
治験登録

有償ボランティア(治験プログラム)募集中

花粉症治験花粉症治験

治験ボランティア登録受付中(治験参加協力費あり)

ポリテクセンター新潟 電気設備技術科  訓練内容

訓練の概要(訓練により習得できる技能)

訓練では、電気設備工事に必要な第二種電気工事士資格取得を目指し、「電流ってなに?」という人でも電気の基礎から実習を通じて段階的に習得します。その他には、工場内の機械やコンベアなどを動かす(制御する)方法を学び、配線やプログラムで自在に操ることができるようになります。設置が義務化となった火災報知器など消防設備についても習得します。また、訓練修了時の目標人材像を2つ設定し、関連職種に幅広く対応できるようにしています。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 電気設備工事ができる。
  2. シーケンス制御及びPC制御回路の設計・施工ができる。

総訓練時間

  • 672時間

訓練到達目標

1.「電気の基礎知識と配線作業」

第二種電気工事士資格取得を目指す訓練を行います。
筆記試験に向け「電気に関する基礎知識」を学び、簡単な配線作業を通じ技能試験に関する技能を習得します。
また、関連知識を習得します。
※第二種電気工事士資格は入所時により訓練期間中に受験できない場合もあります。

2.「電気設備工事実習」

金属や合成樹脂でできた電線管の切断・曲げ・接続等を行った後、照明やコンセントを設置する配線作業を行います。
第一・二種金属線ぴ工事も行い、実習を通じ専門知識・技能を習得します。また、関連知識を習得します。
※高所作業を含む実習になり、体力が必要です。

3.「消防設備」

近年設置が義務化された感知器などの構造や動作原理、消防法令等の基礎知識、消防設備士制度、設置基準を学び、自動火災報知設備等の設計、施工、点検の実習を通じて、消防設備の知識・技能を習得します。また、関連知識を習得します。
※消防設備士資格は入所時により訓練期間中に受験できない場合もあります。

4.「有接点シーケンス・PLC制御」

工場内の機械やコンベアなどを動かす(制御する)方法の一つであるシーケンス制御について学びます。
制御・操作するための各種電気機器間に配線を行い制御する方法を有接点シーケンスといい、PLCと呼ばれる機械にプログラムを入力することで制御を行うものをPLC制御といいます。
この二つの制御方法の知識・技能を、実習を通じて段階的に習得します。また、関連知識を習得します。

5.「制御盤作成」

制御盤とは、機械や生産ラインを制御・操作するための各種電気機器を納めた箱のことです。シーケンス制御の知識・技能が身についたうえで、制御盤という一つの製品を作成します。
制御盤作成の流れや、施工方法の知識・技能を習得します。
また、制御盤は一度作れば終わりというものではなく、塵が溜まったり、経年劣化していきますので定期的なメンテナンスが必要です。そのための点検・修理方法も習得します。また、関連知識を習得します。

6.「パソコン基礎とCAD操作」

パソコンでの基本操作を学んだ後、ソフトを用いて文書作成、表計算を学習します。職務経歴書などの就職活動に必要な書類の作成も行います。
CAD操作では、JW-CADを用いて屋内配線図を作成します。
こちらもパソコンの基本操作から、各種コマンドを段階的に習得します。
※パソコンが初心者の方でも心配ありません。

訓練に関する職種と仕事内容

電気工事士

電気工事士の仕事

電気工事士は、建物に電線やケーブルを引き込み、配線を行い、コンセントなどの端末に電気を届ける仕事を行います。また、照明器具の交換やコンセント増設などの仕事内容から、大型機器の制御回線のメンテナンスや配電盤や各種電気設備のすえ付け工事に至るまで、電気にまつわる様々な仕事を行います。
電気工事士の現場としては、どのような気候にも係らず電柱の上などの高所で電気工事を行ったり、天井裏や床下での作業を行わないといけない場面があります。非常に体力と集中力が必要な仕事であり、常に安全に気を配る仕事です。仕事の範囲としては、電気を必要とするところならばどこでも対象になるので、家庭や公共施設、ビル、店舗、工場などと幅広くあります。
電気工事士の実際の作業は、一人の現場責任者を中心に、何人かのグループで電気工事を進めていくため、協調性やコミュニケーション能力が必要となります。最も重要なことは、電気工事士になるために、国家資格である電気工事士の資格を取得しないといけないことです。
電気工事士の就職先としては、電気工事を専門に行っている会社や建設会社、施設の建築を行う会社、電力会社など電気工事を取り扱っている会社などがあります。最近では、家電量販店や光通信のケーブル敷設に付帯した電気工事、太陽光発電システムの導入に伴う電気工事など電気を扱う需要は増えています。

ポリテクセンター新潟 アクセス

新潟の職業訓練 関連記事一覧