大阪府の介護スクール(職業訓練校)

大阪府で職業訓練≫ずっとケアスクール京橋校≫介護職・介護事務科

ずっとケアスクール京橋校 介護職・介護事務科

訓練実施機関ずっとケアスクールWithYOU京橋校
訓練実施施設ずっとケアスクールWithYOU京橋校
大 阪府大阪市都島区東野田町一丁目21番7号 富士林プラザ10番館6階
訓練目標介護職員初任者研修・ガイドヘルパー全身性障がい課程の法定研修カリキュラムと関連する領域の介護・福祉に関する基本的な知識と技術を習得し、介護に携わる者としての職業倫理と福祉のこころを持った人材の育成を目標とする。介護保険請求についても基本的な手順・実践についても理解できる人材を育成する。
訓練概要介護職として、基本的な業務内容を理解し職業人としての意識を高める。実技訓練の中で実際に介護の技術を学ぶ。また、保険請求の仕組み・実践について基礎的な知識手順について学ぶ。
訓練終了後に取得できる資格介護職員初任者研修
難病患者等ホームヘルパー養成研
全身性障がい者移動支援従業者養
 介護事務管理士
-PR-

------- PR -------

=シカトル=

=PR= 介護・福祉・医療の資格情報サイト【シカトル】で講座資料請求

女性のための資格情報

「シカトル」は、介護・福祉・医療に特化した資格情報サイトです。通学講座や通信講座などの講座情報・資料請求・資格試験情報などが検索可能。気になる資格の情報や、近くのスクールの講座案内を無料で一括資料請求することができるので便利なサイトです。

介護・福祉・医療の資格を取るなら『シカトル』 女性のための資格情報
=介護美容研究所=

=PR= 日本初「介護×美容」の専門スクール【女性限定】

介護美容研究所

介護の現場で活躍するメイク・ネイル・アロマのプロ「ケアビューティスト」を育成する介護美容研究所。週1回3か月コースから、ケアメイク、ケアエステティック、ケアネイルの基礎技術から、メイクセラピーや福祉ネイル、タッチケア、トリートメントといった高齢者向け美容の専門スキルを、第一線で活躍する講師陣から学べます。(東京・横浜・名古屋・大阪・福岡で入学相談受付中)

介護美容研究所ではメイク、ネイルなどの高齢者向け美容を身に着けます 介護美容研究所

学科(介護におけるコミュニケーション)・実技(介護報酬の算定)など

職務の理解多様なサービスの理解、介護職の仕事内容や現場の理解
介護における尊厳の保持・自立支援人権の尊厳を支える介護、自立に向けた介護、人権啓発に係る基礎知識
介護の基本介護職の役割、専門性と多職種との連携、介護職の職業倫理、介護における安全の確保とリスクマネジメント、介護職の安全
介護・福祉サービスの理解と医療との連携介護保険制度、障がい者総合支援制度及びその他制度、医療との連携とリハビリテーション
介護におけるコミュニケーション技術介護におけるコミュニケーション、介護におけるチームコミュニケーション
老化の理解老化に伴うこころとからだの変化と日常、高齢者と健康
認知症の理解認知症を取り巻く状況、医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理、認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活、家族への支援
障がいの理解障がいの基礎的理解、障がいの医学的側面、生活障がい、心理・行動の特徴、かかわり支援の基礎的知識、家族の心理、かかわり支援の理解
こころとからだのしくみと生活支援技術介護の基本的な考え方、介護に関するこころのしくみの基礎的理解、介護に関するからだのしくみの基礎的理解
振り返り就業への備えと研修を通じて学んだこと、今後継続して学ぶこと、筆記試験(介護職員初任者事業実施要網に基づく全科目筆記試験)
介護事務介護保険制度のしくみと医療保険制度との関係、介護サービスの種類と内容、支給限度額のしくみ、請求と支払いのしくみ、介護報酬の特徴と原則、公費負担医療制度との関係、介護報酬の算定(居宅サービス、施設サービス)、介護レセプトの書き方(居宅サービス、施設サービス)、利用者負担の徴収、ケアマネジャーの業務内容
ガイドヘルパー全身性障がい者の人権,障がい者(児)福祉制度と移動支援事業、移動支援従業者の業務、移動支援従業者の職業倫理、障がいの理解(全身性障がい)、
障がい者(児)の心理(全身性障がい)、移動介助の基礎知識(全身性障がい)
難病患者等ホームヘルパー難病の保健医療・福祉制度、難病の基礎知識、難病患者の心理及び家族の理解
安全衛生メンタルヘルス・健康管理・リスクマネジメント
就職支援ジョブ・カード作成指導、職務経歴書・履歴書作成指導、面接指導

実技 介護報酬の算定(居宅サービス、施設サービス)など

こころとからだのしくみと生活支援技術演習生活と家事、快適な居住環境設備と介護、こころとからだのしくみと自立に向けた介護(整容、移動、移乗、食事、入浴、清潔保持、排泄、睡眠)、終末期介護、介護過程の基礎的理解、総合生活支援技術演習
介護事務演習介護報酬の算定(居宅サービス、施設サービス)、介護レセプト(居宅サービス、施設サービス)作成
ガイドヘルパー全身性演習移動介助の基本技術(全身性障がい)、交通機関利用の介助演習(全身性障がい)
振り返り演習介護模擬演習(介護現場での身だしなみ・言葉遣い、介護技術、利用者へのコミュニケーション)
-PR-

------- PR -------

=介護美容研究所=

=PR= 日本初「介護×美容」の専門スクール【女性限定】

介護美容研究所

介護の現場で活躍するメイク・ネイル・アロマのプロ「ケアビューティスト」を育成する介護美容研究所。週1回3か月コースから、ケアメイク、ケアエステティック、ケアネイルの基礎技術から、メイクセラピーや福祉ネイル、タッチケア、トリートメントといった高齢者向け美容の専門スキルを、第一線で活躍する講師陣から学べます。(東京・横浜・名古屋・大阪・福岡で入学相談受付中)

メイクやネイルなどの高齢者向け美容が学べる【介護美容研究所】 介護美容研究所
=ヒューマンアカデミー【CAD講座】=

=PR= 全国23校舎、週1回6か月間 ヒューマンアカデミー【CAD講座】

ヒューマンアカデミー CAD講座

製図やデザインを全国23校舎で学べ、圧倒的なCAD試験合格実績&就職フォローで安心の転職!!CADでは最もポピュラーな「CAD利用技術者試験」の対策講座でもありますので、より良い条件で働きたい方、資格を取ってスキルアップされたい方に最適な講座です。【無料説明会】各校舎では、校舎での説明会の他に、オンラインや電話での個別説明会も開催。

ヒューマンアカデミー CAD講座 ヒューマンアカデミー CAD講座

大阪ケアギバーアカデミー 介護福祉サービス科

訓練実施機関株式会社キャリアップ
訓練実施施設大阪ケアギバーアカデミー
大阪府大阪市中央区南本町2丁目1-1 本町サザンビル507
訓練目標介護施設で求められる介護についての知識を身につけ、介護技術を習得し、介護現場にスムーズに入ることが出来るようにするとともに、長く職場定着できるようコミュニケーション能力を養成する。
訓練概要介護職員初任者研修の学科・実技を行い、またその理解を深めるため訓練を行う。職業人講話の授業にて実際に現場で働いている方の話を聞くことで職場へのイメージをより思い浮かべやすくなり、スムーズに参加できるよう訓練する。
訓練終了後に取得できる資格介 護 職 員 初 任 者 研 修 修 了 証

学科(生活支援技術の知識)・実技(生活支援技術の演習)など

職務の理解多様なサービスの理解、介護職の仕事内容や働く現場の理解
介護における尊厳の保持・自立支援人権と尊厳を支える介護、自立に向けた介護、人権啓発に係る基礎知識
介護の基本介護職の役割、専門性と多職種の連携、介護職の職業倫理、介護における安全の確保とリスクマネジメント、介護職の安全
介護・福祉サービスの理解と医療の連携介護保険制度、医療との連携とリハビリテーション、障がい者総合支援制度およびその他制度
介護におけるコミュニケーション技術介護におけるコミュニケーション、介護におけるチームのコミュニケーション
老化の理解老化に伴うこころとからだの変化と日常、高齢者と健康
認知症の理解認知症を取り巻く状況、医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理、認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活、家族への支援
障がいの理解障がいの基礎的理解、障がいの医学的側面、生活障がい、心理・行動の特徴、かかわり支援の基礎的知識、家族の心理、かかわり支援の理解
こころとからだのしくみと生活支援技術(知識)基礎知識の学習(介護の基本的な考え方、介護に関するこころのしくみの基礎的理解、介護に関するからだのしくみの基礎的理解)
振り返り振り返り、就業への備えと研修終了後における実例
修了評価初任者研修全課程の修了評価

実技 こころとからだのしくみと生活支援技術(演習)など

こころとからだのしくみと生活支援技術(演習)生活と家事、快適な居住環境整備と介護、整容に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護、移動・移乗に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護、食事に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護、入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護、排泄に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護、睡眠に関連したこころとからだのしくみと自立に向けた介護、死にゆく人に関連したこころとからだのしくみと終末期介護、介護過程の基礎的理解、総合生活支援技術演習

キャリアカレッジ大阪駅前校 介護福祉士実務者研修・総合福祉科

訓練実施機関株 式会社プレースメント
訓練実施施設福祉のキャリアカレッジ大阪駅前校1
大阪府大阪市北区梅田一丁目3番1号 大阪駅前第一ビル10階1-3号 第1教室
訓練目標介護・福祉業界従事者としての職業倫理と態度を養う。基本から高度に至る介護の知識・介護技術を習得する為に専門家の的確な視点から指導し、基本から応用まで幅広い介護職としてのスキルを身につけ、介護福祉士の国家試験まで対応できる力と、介護業界で活躍ができる人材を育成する。
訓練概要介護・福祉業界に必要な知識と技術を基本から高度なものまで習得し、幅広い活躍を目指す。
訓練終了後に取得できる資格介護福祉士実務者研修
全身性障がい者移動支援従業者養成研修課程
同行援護従業者養成研修一般課程
同行援護従業者養成研修応用課程
難病患者等ホームヘルパー(難病基礎課程Ⅱ) 
普通救命講習Ⅱ

学科(介護福祉士の職業倫理)・実技(身体の構造や機能に適した演習)など

人間の尊厳と自立・社会の理解人間の尊厳と自立、介護保険制度、社会保障制度の介護に関連する制度概要
介護の基本的理解とリスクマネジメント介護福祉士の職業倫理、リスクの分析・事故防止、感染管理の安全確保
介護におけるコミュニケーション技術利用者・家族とのコミュニケーション・相談援助の技術
介護過程の基礎知識介護過程の目的、意義、展開の理解、情報収集、アセスメント、介護計画の見直し
認知症の理解認知症の人とのかかわり・支援の基本、医学的側面から見た認知症の理解、認知症の人や家族への支援の実際
発達と老化の理解老化に伴うからだの変化と日常生活への影響、人間の成長・老年期の発達・成熟と心理、高齢者に多い症状・疾病と留意点
障がいの理解障がい福祉の理念、障がいによる生活障がい、心理・行動の特徴、障がい児や家族へのかかわり・支援の基本、医学的側面から見た障がいの理解、障がい児への支援の実際
介護に関わるこころとからだの知識食品の扱いや調理における衛生管理上の留意点・身体の構造や機能、人間の心理、移動、移乗、食事、入浴、清潔保持に関するこころとからだのしくみ
医療的ケアの基礎知識医療的ケアを安全・適切に実施するために必要な知識・技術
全身性移動支援の知識障がいの理解、障がい者をとりまく社会環境、障がい者の心理とその支援、移動介助の基礎知識、緊急時の対応、障がい者の人権
難病患者等の知識難病の基礎知識、難病患者の保険医療制度、難病患者の心理及び家族の理解・難病患者の介護の実際、難病に関する介護事例検討
同行援護の知識障がい者(児)福祉制度とサービス、同行援護の制度と従業者の業務、障がい・疾病の理解、障がい者の心理、情報支援と情報提供、障がい者の人権、代筆・代読の基本知識、同行援護の基礎知識
普通救命の知識基本的な心肺蘇生法、AED操作方法、窒息の対応(異物除去)、止血法、応急手当に必要な知識
安全衛生安全作業、健康管理、救急処理
アンガーマネジメントの知識怒りの基礎知識、怒りの性質、怒りのコントロール、怒りのマネジメント、怒りの対処法、怒りの耐性
就職支援ジョブ・カード作成支援・履歴書の書き方、面接の受け方について

実技 介護に関係した身体の構造や機能にもとづいての演習など

生活支援の技術と環境整備介護技術の基本(移乗、食事、入浴、排泄、レクリエーション)、福祉用具の活用による環境整備
介護に関わるこころとからだの演習介護に関係した身体の構造や機能にもとづいての演習
介護過程の応用知識・技術を総合的に活用し、利用者の状況に応じた介護をするための判断力・応用力
医療的ケアの演習「経管栄養(胃ろう/腸ろう)」「経鼻経管栄養」「喀痰吸引(口腔・鼻腔)」「気管カニューレ」の演習 ※シミュレータ装置による演習となります。
全身性移動支援演習基本技術・交通機関利用の介助
同行援護の演習同行援護基本技能・応用技能・交通機関利用の介助
普通救命の演習基本的な心肺蘇生法、AED操作方法、窒息の対応(異物除去)、止血法、応急手当

日建学院 梅田校 介護職員初任者養成科

訓練実施機関株式会社建築資料研究社
訓練実施施設日建学院 梅田校
大阪府大阪市北区鶴野町1-9 梅田ゲートタワー8階H教室
訓練目標介護職員初任者研修の法定研修カリキュラムと関連する領域の介護・福祉に関する基本的な知識と技術を習得し、介護に携わる者としての職業倫理と福祉のこころを持った人材の育成を目標とする。
訓練概要介護職員初任者研修の修了者になるため、介護に関する基本的な知識の習得と実技訓練の中で実際に介護するための技術を学ぶ。
訓練終了後に取得できる資格介護職員初任者研修
認知症ライフパートナー検定試験3級

学科(介護保険制度と医療保険制度との関係)・実技(移動介助の基本技術)など

職務の理解多様なサービスの理解、介護職の仕事内容や現場の理解
介護における尊厳の保持・自立支援人権の尊厳を支える介護、自立に向けた介護、人権啓発に係る基礎知識
介護の基本介護職の役割、専門性と多職種との連携、介護職の職業倫理、介護における安全の確保とリスクマネジメント、介護職の安全
介護・福祉サービスの理解と医療との連携介護保険制度、障がい者総合支援制度及びその他制度、医療との連携とリハビリテーション
介護におけるコミュニケーション技術介護におけるコミュニケーション、介護におけるチームコミュニケーション
老化の理解老化に伴うこころとからだの変化と日常、高齢者と健康
認知症の理解認知症を取り巻く状況、医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理、認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活、家族への支援
障がいの理解障がいの基礎的理解、障がいの医学的側面、生活障がい、心理・行動の特徴、かかわり支援の基礎的知識、家族の心理、かかわり支援の理解
こころとからだのしくみと生活支援技術介護の基本的な考え方、介護に関するこころのしくみの基礎的理解、介護に関するからだのしくみの基礎的理解
振り返り就業への備えと研修を通じて学んだこと、今後継続して学ぶこと、筆記試験(介護職員初任者事業実施要網に基づく全科目筆記試験)
介護事務介護保険制度のしくみと医療保険制度との関係、介護サービスの種類と内容、支給限度額のしくみ、請求と支払いのしくみ、介護報酬の特徴と原則、公費負担医療制度との関係、介護報酬の算定(居宅サービス、施設サービス)、介護レセプトの書き方(居宅サービス、施設サービス)、利用者
負担の徴収、ケアマネジャーの業務内容
ガイドヘルパー全身性障がい者の人権,障がい者(児)福祉制度と移動支援事業、移動支援従業者の業務、移動支援従業者の職業倫理、障がいの理解(全身性障がい)、
障がい者(児)の心理(全身性障がい)、移動介助の基礎知識(全身性障がい)
難病患者等ホームヘルパー難病の保健医療・福祉制度、難病の基礎知識、難病患者の心理及び家族の理解
安全衛生メンタルヘルス・健康管理・リスクマネジメント
就職支援ジョブ・カード作成指導、職務経歴書・履歴書作成指導、面接指導
入校式・オリエンテーション(2H)・修了式(2H)

実技 移動介助の基本技術(全身性障がい)など

こころとからだのしくみと生活支援技術演習生活と家事、快適な居住環境設備と介護、こころとからだのしくみと自立に向けた介護(整容、移動、移乗、食事、入浴、清潔保持、排泄、睡眠)、終末期介護、介護過程の基礎的理解、総合生活支援技術演習
介護事務演習介護報酬の算定(居宅サービス、施設サービス)、介護レセプト(居宅サービス、施設サービス)作成
ガイドヘルパー全身性演習移動介助の基本技術(全身性障がい)、交通機関利用の介助演習(全身性障がい)
振り返り演習介護模擬演習(介護現場での身だしなみ・言葉遣い、介護技術、利用者へのコミュニケーション)

キャリアカレッジ大阪駅前 介護職員初任者研修・総合福祉科

訓練実施機関株式会社プレースメント
訓練実施施設福祉のキャリアカレッジ大阪駅前校
大 阪府大阪市北区梅田一丁目3番1号 大阪駅前第一ビル10階1-3号 第3教室
訓練目標介護事業所において上司の指示を受けながら訪問介護及び施設介護の基本作業ができる。
訓練概要訪問介護や施設介護における入浴・排泄・食事等の身体の世話、食事・洗濯・炊事等の日常生活の自立支援に関する知識及び技能・技術を習得する。
訓練終了後に取得できる資格介護職員初任者研修
同行援護従業者養成研修一般課程
難病患者等ホームヘルパー(難病基礎課程Ⅰ)
普 通 救 命 講 習 Ⅱ

学科(介護に関するこころのしくみ)・実技(介護模擬演習)など

安全衛生心身の健康管理、整理整頓の原則
職務の理解多様なサービスの理解、介護職の仕事内容や働く現場の理解
介護における尊厳の保持・自立支援人権の尊厳を支える介護、自立に向けた介護
人権啓発の知識人権啓発に係る基礎知識
介護の基本介護職の役割、専門性と多職種との連携、介護職の職業倫理、介護における安全の確保とリスクマネジメント、介護職の安全
介護・福祉サービスの理解と医療との連携介護保険制度、障害者自立支援制度及びその他制度、医療との連携とリハビリテーション
介護におけるコミュニケーション技術介護におけるコミュニケーション、介護におけるチームコミュニケーション
老化の理解老化に伴うこころとからだの変化と日常、高齢者と健康
認知症の理解認知症を取り巻く状況、医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理、認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活、家族への支援
障がいの理解障がいの基礎的理解、障がいの医学的側面、生活障害、心理・行動の特徴、かかわり支援の基礎的知識、家族の心理、かかわり支援の理解
こころとからだのしくみ介護の基本的な考え方、介護に関するこころのしくみの基礎的理解、介護に関するからだのしくみの基礎的理解
アンガーマネジメントの基礎知識怒りの基礎知識、怒りの性質、怒りのコントロール、怒りのマネジメント
難病患者等の知識難病の基礎知識、難病患者の保険医療制度、難病患者の心理及び家族の理解・難病患者の介護の実際、難病に関する介護事例検討
同行援護の知識障がい者(児)福祉制度とサービス、同行援護の制度と従業者の業務、障がい・疾病の理解、障がい者の心理、情報支援と情報提供、障がい者の人権、代筆・代読の基本知識、同行援護の基礎知識
修了評価筆記試験(介護職員初任者研修事業実施要綱に基づく全科目筆記試験)
普通救命の知識基本的な心肺蘇生法、AED操作方法、窒息の対応(異物除去)、止血法、応急手当に必要な知識
知識の振り返り振り返り、就業への備えと研修修了後における継続的な研修
就職支援ジョブ・カード作成支援、履歴書の書き方、面接の受け方について

実技 介護模擬演習(身だしなみ、言葉遣い、態度、介護)など

生活支援技術生活と家事、快適な居住環境整備と介護、こころとからだのしくみと自立に向けた介護(整容、移動・移乗、食事、入浴、清潔保持、排泄、睡眠)、終末期介護
介護過程と総合演習介護過程の基礎的理解、総合生活支援技術演習
演習の振り返り介護模擬演習(身だしなみ、言葉遣い、態度、介護)
同行援護の演習同行援護基本技能・応用技能
普通救命の演習基本的な心肺蘇生法、AED操作方法、窒息の対応(異物除去)、止血法、応急手当

イメージ・ラボ梅田教室 介護職員初任者研修実践科

訓練実施機関株式会社イメージ・ラボ
訓練実施施設イメージ・ラボ梅田D教室
大阪府大阪市北区堂山町1番5号 三共梅田ビル5階 D教室
訓練目標介護従事者としての職業倫理と幅広い知識・技能を習得する為に、専門の講師から的確な指導を受けることで、基本から応用までのスキルを身に付ける。また“アンガーマ
ネジメント”“接遇”スキルの基本的内容を知り、介護業界で活躍できる人材を育成する。
訓練概要介護従事者に必要な制度、倫理観と認知症ケアや障がい者に関する知識を学科で理解・吸収していただきます。そして、所内の実技演習で介護技術を習得し、実際に企業実習で体感を深めます。
訓練終了後に取得できる資格介護職員初任者研修
普通救命講習Ⅰ

学科(介護職の役割と多職種との連携)・実技(介護職に求められる接遇演習)など

安全衛生心身の健康管理、整理整頓の原則
職務の理解多様なサービスと理解、介護職の仕事内容や働く現場の理解
介護における尊厳の保持・自立支援人権と尊厳を支える介護、自立に向けた介護、人権啓発に係る基礎知識
介護の基本介護職の役割・専門性と多職種との連携、介護職の職業倫理、介護における安全の確保とリスクマネジメント、介護職の安全
介護・福祉サービスの理解と医療の連携介護保険制度、医療との連携とリハビリテーション、障がい者総合支援制度およびその制度
介護におけるコミュニケーション技術介護におけるコミュニケーション、介護におけるチームのコミュニケーション
老化の理解老化に伴うこころとからだの変化と日常、高齢者と健康
認知症の理解認知症を取り巻く状況、医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理、認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活、家族への支援
障がいの理解障がいの基礎的理解、障がいの医学的側面・生活障がい・心理・行動の特徴・かかわり支援の基礎的理解、家族の心理、かかわり支援の理解
こころとからだのしくみと生活支援介護の基本的な考え方、介護に関するこころのしくみの基礎的理解、介護に関するからだのしくみの基礎的理解
振り返り振り返り、就業への備えと研修終了後における実例
修了評価筆記試験(介護職員初任者研修事業実施要綱に基づく全科目の筆記試験)
アンガーマネジメントの知識怒りの感情の理解、感情のマネジメント方法、他者理解
介護職に求められる基本的接遇の知識利用者心理の正しい理解とニーズの把握・利用者の権利・接遇応対に必要な知識
就職支援面接指導、履歴書作成指導、ジョブ・カード作成支援

実技 介護職に求められる基本的接遇の演習など

こころとからだのしくみと生活支援技術生活と家事、快適な居住環境整備と介護、こころとからだのしくみと自立に向けた介護(整容、移動・移乗、食事、入浴、清潔保持、排泄、睡眠)、終末期介護、利用者の心身に合わせた介護、福祉用具の活用,介護過程の基礎的理解、総合生活支援技術演習
介護職に求められる基本的接遇の演習接遇応対に必要な技術、接遇応対演習
普通救命の演習応急手当、基本的な心肺蘇生法、AED使用方法、異物除去法

あすなろ 福祉の学校 初任者研修・同行援護・ガイドヘルパー養成科

訓練実施機関特定非営利活動法人 福祉活動と福祉教育の推進協会 あすなろ
訓練実施施設NPO法人あすなろ 福祉の学校 堺東駅前教室
大 阪府堺市堺区北瓦町2-3-6 堺東北條ビル5階 B教室
訓練目標本訓練の特徴は、受講生の希望される福祉の職種に就職できるように、高齢者介護・障がい者支援に関する知識及び技能を習得することができることです。また、企業実習をとおしてミスマッチのない職場選択ができ、離職のない安定した就労ができることを目標とします。
訓練概要高齢者施設、在宅支援事業所で適切な介護が提供でき、認知症高齢者とのコミュニケーションが促進できる知識と技術を習得する。さらに障がい者施設や在宅支援事業所の支援員として就業できる知識と技術も習得する。
訓練終了後に取得できる資格介護職員初任者研修
移動支援従業者養成研修 全身性障がい課程
同行援護従業者養成研修 一般課程
同行援護従業者養成研修 応用課程

学科(介護保険制度、障害者自立支援制度)・実技(移動介助の基本技術)など

安全衛生心身の健康管理、整理整頓の原則、福祉現場における安全衛生および腰痛予防
職務の理解多様なサービスの理解、介護職の仕事内容や働く現場の理解
介護における尊厳の保持・自立支援人権と尊厳を支える介護、自立に向けた介護、人権啓発に関する基礎知識
介護の基本介護の役割、専門性と多職種との連携、介護職の職業倫理、介護における安全の確保とリスクマネジメント、介護職の安全
介護・福祉サービスの理解と医療との連携介護保険制度、障害者自立支援制度及びその他制度、医療との連携とリハビリテーション
介護におけるコミュニケーション介護におけるコミュニケーション、介護におけるチームコミュニケーション
老化の理解老化に伴うこころとからだの変化と日常、高齢者と健康
認知症の理解認知症を取り巻く状況、医学的側面から見た認知症の基礎と健康管理、認知症に伴うこころとからだの変化と日常生活、家族への支援
障がいの理解障がいの基礎的理解、障がいの医学的側面、生活障がい、心理・行動の特徴、かかわり支援の基礎的理解、家族の心理、かかわり支援の理解
こころとからだのしくみと生活支援介護の基本的な考え方、介護に関する心のしくみの基礎的理解、介護に関するからだのしくみの基礎的理解
振り返り振り返り、就業への備えと研修修了後における実例
修了評価修了評価
全身性ガイドヘルパー知識障がい者の人権、障がい者(児)福祉制度と移動支援事業、移動支援従業者の業務、移動支援従業者の職業倫理、障がいの理解、障がい者(児)の心理、移動介助の基礎知識
同行援護一般課程知識視覚障がい者(児)の福祉サービス、同行援護の制度と従業者の業務、障がい・疾病の理解(一般)、障がい者(児)の心理(一般)、情報支援と情報提供、障がい者の人権、代筆・代読の基礎知識、同行援護の基礎知識
同行援護応用課程障がい・疾病の理解(応用)、障がい者(児)の心理(応用)
就職支援職務経歴書・履歴書の作成指導、面接指導

実技 移動介助の基本技術(抱きかかえ方及び移乗の方法など)

こころとからだのしくみと生活支援技術演習こころとからだのしくみと自立に向けた介護(整容、移動・移乗、食事、入浴、清潔保持、排泄、睡眠)、終末期医療、介護過程の基礎的理解、総合生活支援技術演習
全身性ガイドヘルパー演習移動介助の基本技術(抱きかかえ方及び移乗の方法、生活行為の介助、介助に関わる車いすの理解)、交通機関利用の介助演習
同行援護一般課程演習基本技能(あいさつ、基本姿勢、歩行、曲がる、狭い場所の通過、ドアの通過、いすへの誘導、段差、階段、交通機関の利用の基本)、応用技能(食事の支援、トイレの支援、車いす利用の視覚障がい者への対応、環境に応じた歩行、さまざまな階段とさまざまなドアの使用、エレベーターとエスカレーターの使用、車の乗降・介助、電車の乗降・介助、バスの乗降・介助、反省会)
同行援護応用課程演習場面別基本技能(窓口やカウンター・買い物・悪天候の日での支援、金銭・カードの取扱い、電車の乗降、バスの乗降)、場面別応用技能(病院・薬局・会議・研修での支援、盲導犬ユーザーへの対応)、交通機関の利用

さまざまな介護のお仕事(介護支援専門員や福祉用具専門相談員など)

ケアマネージャー(介護支援専門員)

『ケアマネ』と呼ばれることの多い介護支援専門員は、介護保険制度に基づき、介護が必要な方の心身の状況や周囲の環境などに応じて、介護サービスを利用できるようにするためのケアプランを作成します。数ある介護サービスの中から、利用者に合う介護サービスを選択して、利用者や家族への提案・実行していくため『介護におけるコーディネーター』と言っても過言ではないでしょう。

仕事内容はケアプランの作成だけにとどまらず、介護サービス利用者が事業所に要望などを直接言いづらい場合には、ケアマネージャーが代弁して事業所に意見を伝えることもあります。
長期の実務経験が必要な専門性の高い資格です。

介護事務

介護事務の資格は、介護保険に関する知識はもちろんのこと、PCスキル(ワード・エクセル)や経理業務の知識などを学び、介護サービス施設や事業所などへ勤務する上で活かすことができます。

介護福祉士

介護福祉士は介護職唯一の国家資格です。
介護職のキャリアパス上位にあたる資格のため、取得難易度はやや高めです。

資格取得をする方法(ルート)として、介護福祉士実務経験ルート、福祉系高校ルート、養成施設ルートの3つがあります。

社会人が働きながら介護福祉士を目指すには、介護施設での実務経験3年以上と、実務者研修を修了するという2つをクリアし、国家試験に合格する必要があります。

レクリエーション介護士

レクリエーション介護士は、高齢者へ喜びや生きがいを与え、笑顔にできる介護スタッフ育成を目的として、高齢者とのコミュニケーション能力、レクリエーション知識や実行スキルを身につけるためにできた新しい資格です。
2014年9月よりレクリエーション介護士2級が設立され、レクリエーション介護士の認定講座を受講し、修了試験に合格すればどなたでも資格取得が可能です。
また、上級資格として『レクリエーション介護士1級』資格の認定講座も開講されています。

介護予防運動指導員

介護予防運動指導員とは、高齢者の方に快適なライフスタイルを過ごしてもらう為に、筋力トレーニングや運動を通した身体ケアを行うためのスキルです。
介護現場で現場リーダーを任されたり、高齢者の方からの信頼をされやすくなったりと介護予防運動指導員資格を取得することで、介護業界において差別化された人材になれることもあるようです。

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員の資格は、介護が必要な高齢者や障害者に公的介護保険で福祉用具を利用する際、本人や家族の希望に応じて、家庭環境や身体状況にあった福祉用具の選び方や使い方についてアドバイスをする専門職です。
指定居宅サービスとして福祉用具貸与事業を行う場合、各事業所に2名以上の専門相談員を配置する必要があります。
厚生労働大臣が指定する講習会を受講することで取得できます。

職業訓練と雇用保険の失業給付(基本手当・受講手当・通所手当)

基本手当とは

雇用保険の被保険者の方が離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職するために支給されるものです。雇用保険の一般被保険者に対する求職者給付の基本手当の所定給付日数(基本手当の支給を受けることができる日数)は、受給資格に係る離職の日における年齢、雇用保険の被保険者であった期間及び離職の理由などによって決定され、90日~360日の間でそれぞれ決められます。

受給期間の延長とは

失業保険をもらっている期間中にハローワークから紹介され公共職業訓練を受講すると失業保険(雇用保険)の受給期間は延長されます。原則として所定給付期間日数の2/3の受給日数を受け終わるまでに訓練を開始しないと訓練給付延長は受けられません

この訓練延長給付は、以下の3つの期間に適用されます。

  1. 訓練などを受けるために待機している期間
  2. 訓練などを受講している期間(最長で2年)
  3. 訓練などの終了後に再就職が困難な期間(最長30日)

職業訓練は3カ月、6カ月のコースが多く設定されていますが、若年層向けのコースには1年または2年間受講するコースも開設されています。この制度を上手に利用すると、本来の所定給付日数が90日しかない人も元の日数に加えて職業訓練を受給する期間分だけ支給日数が延長されることになります。

受講手当とは

受講手当は、受給資格者が公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受ける場合に支給されます。支給の対象となるのは、基本手当の支給の対象となる日のうち公共職業訓練等を受けた日です。

受講手当の日額は500円です。受講手当の上限額は20,000円です。

通所手当とは

通所手当は、受給資格者の住所又は居所から公共職業訓練等を行う施設へ通所するために交通機関、自動車等を利用する場合に支給されます。

通所手当の月額は通所方法によりますが、最高42,500円までです。

支給対象にならない日がある月については日割により減額して支給されます。

求職者支援訓練も対象に(令和4年7月1日から)

令和4年7月1日から、雇用保険の受給資格者に対して公共職業安定所長が受講を指示する公共職業訓練等の対象に「求職者支援訓練」が追加されました。
これによって、令和4年7月1日以降、雇用保険の受給資格者が求職者支援訓練の受講を開始する場合、訓練実施期間中に訓練延長給付(受給期間の延長)及び技能習得手当等(受講手当・通所手当)を受給することができるようになりました。

大阪府の職業訓練 関連記事一覧