タクシー運転手第二種免許取得≫40代50代(就職氷河期世代)のための職業訓練≫ハローワーク

=テックキャンプ&ムークリ=

国内最大級のプログラミングスクール【テックキャンプ】全国4都市8教室

TECH CAMP

国内最大級のプログラミング専門スクール「テックキャンプ」は、東京・名古屋・大阪・福岡でエンジニア転職のためのプログラミングスクールを展開。3~6ヵ月の短期集中&業界最大級の学習内容で即戦力の専門スキルが身に付きます。IT人材不足で紹介求人数も多数のため、全国対応のオンライン学習もスタート。専門実践教育訓練給付制度の対象講座なら受講料が最大70%OFFです。

【IT転職の無料カウンセリング】TECHCAMPプログラミングスクールTECH CAMP

博報堂DYグループ、動画クリエイター養成スクール【ムークリ(MOOCRES)】

動画クリエイター養成スクール

【東京・大阪・オンライン】東京校・大阪校の通学コースに、全国対応のオンラインコースも開講。現役の動画クリエイターが専任講師。【Adobe After Effectsをプロレベルに】映像のデジタル合成やモーション・グラフィックスだけでなく、プロレベルのアニメーション動画スキルを5ヶ月で習得。次世代動画クリエイターとして即戦力人材になれる。

現役動画クリエイターから学べる【ムークリ(MOOCRES)】動画クリエイター養成スクール
-PR-

------- PR -------

全国ハイヤー・タクシー連合会の就職支援

雇用環境が厳しい時期に就職活動を行ったいわゆる就職氷河期世代※1の方の中には、希望する就職ができず、不安定な仕事に就いている・無業の状態にあるなど、さまざまな課題に直面している方がいます。そのため、厚生労働省では、就職氷河期世代の方々に向けた支援を行っています。

この就職支援では、タクシードライバーに必要な第2種運転免許の取得やコミニュケーションセミナー、キャリアコンサルティングによる相談、職場見学等をセットでご提供し、タクシー会社への正社員としての就職までを無料※2で支援※3

  1. ※1この就職支援では、現在35歳~54歳までの方を指します。
  2. ※2以下の費用は自己負担となります。
    ①団体保険料2,000円 ②教習所で使用する教本代3~5,000円や食費・交通費(教習所によって異なります)
    ③卒業検定に不合格の場合、追加費用(教習所によって異なります)
    ④免許受験料・交付費用(約3,750円)など
  3. ※3この就職支援は資格取得の支援のみを目的とするものではなく、タクシー会社への就職を希望される方の就職支援を目的としています。

支援内容

タクシードライバーに必要な「普通自動車第二種運転免許」の取得から、1人ひとりに必要な
「コミニュケーションセミナー」「キャリアコンサルティング」 「職場見学・職場体験」「就職支援」をセットで提供し、正社員としての就職を支援をします!

どんな支援が受けられる?

  • 「第2種運転免許」の取得支援タクシードライバーに 必要な資格を取る!
  • コミュニケーションセミナー面接や人間関係などの 不安をサポート!
  • キャリアコンサルティングカウンセリングで適性診断!
  • 職場見学/職場体験タクシードライバーの 仕事を実地体験!
  • 就職支援会社の情報提供など

タクシー会社に正社員として入社

仕事の魅力のポイント

運転免許を活かして、キャリアチェンジ!

一種免許を持っている方なら、無料で二種免許を取得して、タクシー会社の正社員になれるチャンス!
「派遣で働いていて将来が不安」「就労経験がなくて、就職の仕方がわからない」今回は、このような方を対象にした事業です。この機会に、新しい道へと一歩を踏み出しませんか?

※ 以下の費用は自己負担となります。
①団体保険料2,000円 ②教習所で使用する教本代3~5,000円や食費・交通費(教習所によって異なります)
③卒業検定に不合格の場合、追加費用(教習所によって異なります)
④免許受験料・交付費用(約3,750円)など

自由度が高いから、働きやすさは抜群!

休憩時間中の行動は自由。
銀行や郵便局などへ行くことはもちろん、子どものお送り迎えや介護のために自宅に戻ることもでき、自分の生活に合った働き方ができます。

未経験の方でも安心の環境!

現在タクシードライバーとして働いている方の70%が未経験からスタートしています。あまり運転したことがない方や、地理に詳しくなかった方も、今では一流のドライバーとして活躍中!
入社時だけでなく、定期的に研修を行ったりとバックアップの体制がしっかりしている会社が多いので、安心して働けます。

女性も高齢者も活躍中!

女性の活躍推進をサポートしている会社が多く、全国各地で女性乗務員が活躍しています!また、全国のタクシードライバーの平均年齢は、なんと59歳!現役で働いている方の約半数は65歳以上です。複数の勤務体系から働き方を選べるので、高齢になっても無理せず、元気に働くことが出来ます。

新たなキャリアへの挑戦を一貫してサポート!

令和2年(2020年)度より始まった、厚生労働省の「就職氷河期世代の方向けの短期資格等習得コース事業」によって、専任のキャリアコンサルティングによるキャリアの検討と普通第二種免許の取得を支援しています。

免許取得後は、タクシー業界の知識の習得(座学・eラーニング等)、職場見学等の体験を通し、希望に合ったタクシー会社へのマッチングを行い、自身のキャリアアップを目指せる「出口一体型」のプログラムです。

現在、求職中の方はもちろん、非正規雇用労働者の方でも働きながら受講しやすい場所、時間等を利用して取り組むことが出来ます。この就職支援では、あなたの新たなキャリアへの挑戦をサポート。

01. 事業説明会参加申込

この就職支援についての説明会を実施。

申込フォームに必要事項を記入

支援の内容や資格取得などについて、担当者より詳しくご説明。

02. キャリアコンサルティング

キャリアコンサルタント(有資格者)より、これまでのキャリアについての確認と就職活動に役立つ具体的な面接対策、履歴書・職務経歴書作成のアドバイスを行います。

03. 必要書類の送付・訓練申込

必要書類を送付頂き、訓練への申込。また、コミュニケーションセミナーについても予約。

申込フォームに必要事項を記入

事務局にてご登録いただいた内容を確認し、ご連絡。
キャリアコンサルティングの日程を決定。また、教習所の希望を確認。
※免許取得後の経過年数等により、プログラムに参加できない場合があります。

04. 教習所入所

申込確認時に指定の教習所にて、普通自動車第二種免許の教習を受講。
卒業の目安は2週間程度

※卒業検定までに、学科(座学)、技能(実習)で必要な講習時間は、マニュアル、オートマにより異なります。
※教習所の都合等により希望した以外の教習所になることもあります。

05. コミュニケーションセミナー受講

免許取得後に、アデコ株式会社が主催する「コミュニケーションセミナー」を受講。

※コミュニケーションセミナーは、申込の時点で、全員受講希望日(申込日の1ヶ月以上先)を選択。なお、職業訓練受講給付金を希望する場合は、一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会で指定。
※ZOOM参加希望の方は、ZOOM参加希望の旨登録。

06. 職場見学・体験

企業を訪問し、タクシードライバーの仕事を理解し、実感いただくため、見学。
※職場見学・体験は、申込の時点で希望する会社・営業所等をご入力。

07. 訓練修了証交付

訓練修了証を交付。

08. 就職報告書提出

訓練終了日※から3ヶ月経過しましたら、1ヶ月以内に郵送、FAX、もしくはメールでのご提出。
※普通自動車第二種免許取得日、コミュニケーションセミナー受講日、職場見学実施日のいずれか最も遅い日

コースの対象となる方

 コースの対象となる方は、訓練支援開始月前月の末日(基準日)時点で、以下の1~3および
    4または5に該当する方です。
「基準日」とは、お申込みいただく訓練の開始月の前月の末日になります。例えば、10月12日から
    開始の訓練の場合は、9月30日が基準日になります。

 1.基準日において、 35歳以上55歳未満の方
 2.基準日において、離職している(学校を卒業して就職していない場合も含む)又は、非正規雇用(※1)
  として働いており、正社員などの安定した雇用を希望されている方
  (※1)期間の定めがある雇用など
 3. 公的職業訓練や求職者支援訓練などの職業訓練、教育訓練を現在受講していない、または受講する
   予定のない方
 4. 以下のいずれかに該当する方
  (1)基準日から直近1年間に正社員(※2)として雇用されたことがなく、直近5年間においても正社員経験
            が通算1年間以下の方
    (※2)期間の定めがない雇用
  (2)直近1年間において、臨時的・短期的な就業と失業を繰り返すなど、不安定就労の期間が長い
  (3)直近1年間において、非正規雇用の就業経験が多い、あるいは就業後の就業期間が短いなど、安定した
            就労の経験が少ない
 5. 業界団体傘下企業等が雇用する非正規雇用労働者の方

◇習得しようとする資格等によっては、上記以外の条件が付される場合があります。
◇本事業は、過去に訓練を受講したことがない方、過去に訓練を受講したことがある場合は、訓練修了後1年を経過している方が受講できます。ただし、過去に受講した訓練を実施する団体と同一の団体が実施する訓練については、訓練修了後1年経過しているかを問わず、受講できません。

40代50代(就職氷河期世代)のための短期間職業訓練