CAD機械科≫ポリテクセンター徳島で≫公共職業訓練

CAD機械科≫ポリテクセンター徳島
=CAD講座=

CAD利用技術者試験1級対策 ヒューマンアカデミー CAD講座

製図やデザインを全国29校舎で学べ、圧倒的なCAD試験合格実績&就職フォローで安心の転職!!

ヒューマンCADヒューマンCAD

日本初の「介護×美容」専門スクールなら、美容の力で笑顔溢れるケアが学べて新しい世界が広がる!!

介護の現場で活躍するメイク・ネイル・アロマのプロ「ケアビューティスト」を育成するスクールでプロの技術を学ぶ。(東京・大阪・福岡で開講中)

介護美容介護美容
-資格シェア-

介護・医療事務・セラピストなど人気の講座を全国の希望エリアで一括比較。さあ、未来へのスタート!!

女性のための資格情報女性のための資格情報

登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリ「シェアフル 」

1日単位のアルバイトアプリ「シェアフル 」1日単位のアルバイトアプリ「シェアフル 」

ポリテクセンター徳島 CAD機械科

訓練の概要(訓練により習得できる技能)

訓練では、機械製図(JIS規格)、2次元CAD及び3次元CADシステムを使用し、機械図面作成に必要な基礎的な知識と技能及び機械設計に必要な材料力学等の知識を習得します。また、機械加工の切削理論を学び、NC工作機械のプログラミング及び機械操作を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の仕上がり像(訓練目標)

CAD機械科では、CADオペレータ及び機械オペレータを育成します。CADオペレータはCADが使えることはもちろん、作成する図面に関する知識が求められます。また、機械オペレータには、図面を正確に理解することが求められます。
訓練では、製図で形を表すときの諸規則を学び、それを活用してCADで正確に描く技能を習得します。また、従来から使われてきた各種機械を操作することで加工の基本知識を身につけ現在主流となっているNC工作機械の基本操作を習得し、オペレータとしての就職を目指します。

  1. 機械製図を良く理解し、2次元CAD・3次元CADシステムによる機械部品のモデリングができる。
  2. NC機械のプログラミング及び操作ができる。

訓練内容 「機械製図(手描きとJIS規格)」「マシニングセンタ作業」

1ヶ月ごとの訓練によって習得する具体的な内容を以下に整理しました。一つの目安として参考にしてください。

1ヶ月ごとの訓練到達目標

「機械製図(手描きとJIS規格)」

機械製図(製図一般、関連規格、機械要素など)のJIS規格を習得し、図面の読み描きに関する知識及び技能を習得します。

「2次元CAD基本と応用」

2次元CADの基本的な操作方法を習得し、機械図面の作図法に関する知識及び技能を習得します。

「3次元CAD基本と応用」

3次元CADシステムによる機械部品の作成及び組立図の作成に関する技能及び知識を習得します。
また、機械設計に必要な力学等に関する知識を習得します。

「NC旋盤作業」

測定作業、普通旋盤の操作及び切削理論、NC旋盤の基礎知識、プログラミング手法及び、NC旋盤による加工作業(機械操作)に関する技能と技術を習得します。

「マシニングセンタ作業」

フライス盤の操作及び切削理論、マシニングセンタの基礎知識と、プログラミング手法、マシニングセンタによる加工作業(機械操作)に関する技能と技術を習得します。

「ワイヤーカット放電加工及びCAM作業」

ワイヤーカット放電加工機のプログラミング及び機械操作に関する技能と技術を習得します。また、CAMによるプログラム作成についての技能及び関連知識を習得します。

訓練に関する主な職種と仕事内容

一般的な職種名

CAD オペレータ、金属工作機械工

CAD オペレータの仕事

さまざまな建物や機械などを作るには、そのイメージを伝えるスケッチや設計図が必要です。CAD とは、コンピュータを使ってデザイン(作図・設計)すること(Computer Aided Design)です。
CAD オペレータは、企業の設計部門やデザイン会社などで働いています。
建築、機械、電気、インテリアなどさまざまな図面を、コンピュータを使って設計の企画できめられた記号や作図コマンド(入力する記号)を入力して、作図をします。手描きや書き込みのある図面、ラフスケッチなど、CAD 化する図面を受け取ります。つぎにCAD 化する図面の種類によって、それぞれ決められた記号、コマンドを入力します。設計者の意図を読み取りながら、正確に図面を作成します。 CADソフトにはいろいろ種類があり、数種類のソフトを使いこなす必要があります。そして、入力が終わると図面を印刷してチェックし、完璧な図面にします。

金属工作機械工の仕事

金属工作機械を使い、さまざまな金属に、切る・削る・穴を開ける・溝を切る・磨き仕上げるなどの加工をするのが、金属工作機械工です。
違う形状のものを少量だけ加工する場合は、人の手で加工する汎用旋盤を使います。まず製品の図面に基づいて、材質・加工精度に応じた刃物を選び、角度や削る強さ、回転数、送りの速度などを決めます。そして、旋盤の設定が終わったら、知識や技術・経験を駆使して、材料を要求された形に加工します。
同じ形状のものを大量に加工する場合は、加工条件を数値化し、連続自動加工するNC旋盤を使います。NC旋盤では、要求される精度を出すため、最適な加工条件を正確にプログラミングします。次に、設定が終わったら、精度を確認するための試削りを行います。試作品を正確に計測し、必要に応じて何度でもプログラムを修正します。そして、精度が安定したら、連続的に自動加工します。
金属工作機械工には、期限内に、決められた数の製品を、高い精度で正確に加工することが求められます。

ポリテクセンター徳島 アクセス

徳島の職業訓練 関連記事一覧