CAD/NC加工技術科≫ポリテクセンター鳥取で≫公共職業訓練

CAD/NC加工技術科≫ポリテクセンター鳥取
=CAD講座&エンジニア転職=

CAD利用技術者試験1級対策 ヒューマンアカデミー CAD講座

製図やデザインを全国29校舎で学べ、圧倒的なCAD試験合格実績&就職フォローで安心の転職!!

ヒューマンCADヒューマンCAD

未経験でもお給料をもらいながら最大3ヶ月のIT研修【IT求人ナビ 未経験】無料カウンセリング登録

主要都市での教育サービスの実績が強み。20代の若者向けにIT系のエンジニア、Webデザイナーを目指す求職者に特化した就職支援サービス。企業に教育サービスを提供している会社が求人紹介と研修をセットにしました。紹介可能エリア(東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、京都、兵庫、札幌、仙台、愛知、広島、福岡)

IT求人ナビ
-PR-

------- PR -------

ポリテクセンター鳥取 CAD/NC加工技術科

訓練の概要(訓練により習得できる技能)

■CADの技能をしっかり学べます。
 汎用2次元CAD:AutoCAD、製造系3次元CAD:SolidWorks
■工業製品を作る上で重要な一連の工程(図面→加工→検査)の知識・技能を身に付けることができるので、初めて製造業や技術職に携わりたい方も就職しやすいコースです。
■機械加工の求人は販売・サービス職、介護職に次いで多い求人であり、就職に有利なコースです。
■製造業は多少の残業もありますが、土日休みにしている企業が多いため、生活のリズムが取りやすく、雇用も安定していることが魅力です。

訓練全体(6ヵ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 機械製図を理解し、2次元CADによる様々な機械図面の作成、及び3次元CADによるモデリングの知識と技能を習得します。
  • 普通旋盤、フライス盤加工と、NC工作機械のプログラミング、及び操作についての知識と技能を習得します。

総訓練時間

  • 670時間

訓練内容 3次元CAD、旋盤及びフライス盤・品質管理基本など

1.機械製図及びCAD基本

機械製図、2次元CADに関する基本技能、及び関連知識を習得します。

2.CAD応用

2次元CAD操作の作業効率化、図面作成に関する技能、及び関連知識を習得します。

3.3次元CAD

3次元CADによる部品モデリングと組立て、及び2次元図面化の技能、及び関連知識を習得します。

4.旋盤及びフライス盤・品質管理基本

旋盤、フライス盤などの汎用工作機械の基礎的技能と各種切削加工、及び品質管理の概要とデータ処理に関する技能と関連知識を習得します。

5.NC旋盤

NC旋盤の基礎知識とプログラミング手法、及びNC旋盤作業に関する技能と知識を習得します。

6.マシニングセンタ

マシニングセンタの基礎知識とプログラミング手法、及びマシニングセンタ作業に関する技能と知識を習得します。

訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

機械加工作業者、CADオペレーター

機械加工作業者・CADオペレーターの仕事

機械加工作業者

工作機械を使い、さまざまな金属に「切る・削る・穴を開ける・溝を切る・磨き仕上げる」などの加工をするのが「機械加工作業者」です。
違う形状のものを少量だけ加工する場合は、人の手で加工する汎用旋盤を使います。   
まず、製品の図面に基づいて材質・加工精度に応じた刃物を選び、角度や削る強さ、回転数、送りの速度などを決めます。旋盤の設定が終わったら、知識や技術及び経験を駆使して、材料を要求された形に加工します。
同じ形状のものを大量に加工する場合は、加工条件を数値化し、連続自動加工するNC旋盤を使います。NC旋盤では、要求される精度を出すため、最適な加工条件を正確にプログラミングします。
次に、設定の精度を確認するための試削りを行います。試作品を正確に計測し、必要に応じて何度でもプログラムを修正します。精度が安定したら連続的に自動加工します。
機械加工作業者には、期限内に決められた数の製品を、高い精度で正確に加工することが求められます。

CADオペレーター

さまざまな建物や機械などをつくりだすためには、そのイメージを伝えるスケッチや設計図が必要です。以前はトレーサーが手描きで設計者の下書き設計図を写して製図をしていた図面を、コンピュータの専用ソフトを使って製図の図面を正確に描くのが「CADオペレーター」です。
CAD(Computer Aided Design)とは、コンピュータを使ってデザイン(作図・設計)することです。CADオペレーターは、企業の設計部門やデザイン会社などで働くか、派遣会社に登録し、建築、機械、電気、インテリアなどさまざまな図面を、コンピュータを使って設計の規格で決められた記号や作図コマンド(入力する記号)を入力して作図をします。
まず、手描きや書き込みのある図面、ラフスケッチなど、CAD化する図面を受け取ります。
次に、CAD化する図面の種類によって、それぞれ決められた記号、コマンドを入力します。設計者の意図を読み取りながら、正確に図面を作成します。
CADソフトにはいろいろ種類があり、数種類のソフトを使いこなす必要があります。そして、入力が終わると、図面を印刷してチェックし、完璧な図面にします。

ポリテクセンター鳥取 アクセス

鳥取の職業訓練 関連記事一覧