職業訓練≫秋田でハロートレーニング≫職業訓練校

秋田県でハロートレーニング≫職業訓練校
=ママ専用Webデザイナースクール・WEBデザイン=

1ヵ月全5回。短期間で学べるママ専用Webデザイナースクール

ママ専用Webデザイナースクール

1ヶ月全5回の短期間完結。在宅ワークやキャリアアップのスタートに、本当に必要な項目だけに絞ったカリキュラムで、Webデザイナーの基本「ページ作成」と「バナー作成」が身につきます。(仙台から関東主要都市、名古屋、大阪、広島、福岡の各エリアの専任講師によるLIVE配信や少人数スクールです。)

1ヶ月全5回「Fammママwebデザイナースクール」ママ専用Webデザイナースクール

週1回6ヵ月間で学ぶ!!ヒューマンアカデミーWEBデザイン講座

ヒューマンアカデミーWEBデザイン講座ヒューマンアカデミーWEBデザイン講座

全国29校舎のヒューマンアカデミーでは、Illustrator講座やPhotoshop講座といった単科コースから、Webデザイナーを目指す方のためのセットコースなど、 ひとり一人の目的や希望に合わせてカスタマイズしやすいコースラインナップ

ヒューマンアカデミーの講座資料・説明会はコチラ
【シーライクス】

女性のためのクリエイティブキャリアスクール【SHElikes(シーライクス)】

クリエイティブキャリアスクールコミュニティ

SHElikes(シーライクス)は、Webデザイン(2~3ヶ月全10レッスン)・Webマーケティング(2~3ヶ月全6レッスン)・ライティング(2~3ヶ月全6レッスン)・その他、動画編集や広報など25のクリエイティブスキルが学べます。スクールのコミュニティでは、仲間と切磋琢磨しながらスキルアップ。【オンライン無料体験】と【東京・名古屋でのオフライン無料体験】が選べます。

【無料体験・説明会】SHElikes デザイナースクールクリエイティブキャリアスクールコミュニティ

秋田の職業訓練の概要

【施設内職業訓練】秋田の職業訓練では、県立の職業訓練校が3施設、独立行政法人運営のポリテクセンターが1施設あり、電気設備・金属加工など、ものづくり関係の職業訓練はそれらの施設内訓練で実施されています。

【委託職業訓練】秋田県立の職業訓練校である技術専門校の各校が、それぞれの地域で介護、経理事務、IT、WEBデザインなどの訓練を民間教育機関に委託して実施しています。【長期人材育成訓練】2年間の長期高度人材育成訓練では、介護福祉士養成科・保育士養成科とITエンジニア養成科や経理スペシャリスト養成科も実施しています。

【求職者支援訓練】秋田労働局(厚生労働省)では、雇用保険を受給できない方を主な対象とした「求職者支援訓練」(民間教育機関)を介護、医療事務、WEBデザインなどの分野を中心に実施しています。

秋田の公共職業訓練(委託訓練校)

*参考 秋田の求職者支援訓練の訓練校

  • ビジネスパソコン基礎科 訓練種別:基礎コース
    実施場所:OAステーション大曲校(大仙市)
  • Web制作技術者養成科 訓練種別:実践コース
    実施場所:トラパンツコンテンツスクール本校(秋田市)
  • 介護職員初任者養成科 訓練種別:実践コース
    実施場所:専門学校能代文化学院(能代市)
  • ビジネスパソコン科 訓練種別:実践コース
    実施場所:職業訓練法人鹿角地方職業能力開発協会(鹿角市)
  • 2ヶ月で学ぶパソコン基礎科 訓練種別:基礎コース
    実施場所:OAステーション湯沢校(湯沢市)
  • Web制作技術者養成(夜間)科 訓練種別:実践コース
    実施場所:トラパンツコンテンツスクール本校(秋田市)
  • OA経理事務科 訓練種別:実践コース
    実施場所:OAステーション秋田校(秋田市)
  • OAビジネス科 訓練種別:実践コース
    実施場所:しすてむ工房(横手市)
  • 介護職員初任者研修&パソコン習得科 訓練種別:実践コース
    実施場所:秋田圏域人材支援事業協同組合 研修センター(秋田市)
令和3年度 離職者等を対象とした職業訓練の実施について
   秋田県では、再就職を目指す方や新たに職業に就きたいと希望される求職中の方を対象に、就職に必要な技能や知識を習得するための職業訓練を実施しています。  <令和3年度開催コース>   ・令和3...
求職者支援訓練の受講を希望する方へ|高齢・障害・求職者雇用支援機構
高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)は、高齢者の雇用の確保、障害者の職業的自立の推進、求職者その他労働者の職業能力の開発及び向上のために、高齢者、障害者、求職者、事業主等の方々に対して総合的な支援を行っています。

秋田の公共職業訓練(施設内訓練校))

 秋田技術専門校では、実践に裏付けされた生きた知識と技能の習得に重点を置いた訓練と産業構造の変化に対応できる創造性豊かな実践的技能者の育成を目指しています。また、社会人として必要な論理的思考力と協調性のある人間性を養い、職業人として「ものづくり」の意識の向上を図っています。
 これらを訓練目標として掲げ、地域に根差した職業人の育成に取り組んでいます。

秋田県立秋田技術専門校

秋田県立鷹巣技術専門校

秋田県立大曲技術専門校

長期高度人材育成コース(2年間訓練) 保育士養成科

 長期高度人材育成コース(2年間)とは、正社員就職を希望する非正規雇用労働者等が、安定した雇用環境への転換を図るため、短期大学や専門学校に入校し、必要なカリキュラム受講修了後、国家資格等を取得し、正社員就職へ結びつけるものです。この訓練は、各学校の空き定員を利用し、一般学生と訓練生が同じ教室で一緒に学ぶ形式の講座です。

訓練科名訓練施設訓練期間
介護福祉士養成科日本赤十字秋田短期大学2年
保育士養成科聖霊女子短期大学2年
保育士養成科聖園学園短期大学2年
栄養士養成科聖霊女子短期大学2年
ITエンジニア養成科秋田コア ビジネスカレッジ2年
経理スペシャリスト養成科秋田コア ビジネスカレッジ2年
美容師養成科秋田県理容美容専門学校2年
美容師養成科秋田ヘアビューティカレッジ2年
令和3年度長期高度人材育成コースの訓練生募集について
 県では、これまで能力開発機会に恵まれなかった非正規雇用労働者の方々等を対象として、高い可能性で正社員就職ができるよう、国家資格等の資格取得を目指す長期の訓練コースを実施しています。 令和3年度開...

経験豊富なスタッフによる就職指導 求人閲覧

民間企業経験のある業界を知り尽くした指導員が、一人ひとりをきめ細やかにサポート。
各校の生活相談員や指導員が学校生活の様々な悩みについて相談にのります。

歴史と伝統があり、就職に強い理由があります。独自の求人も受け付けているため、安心の就職サポートです。

雇用保険(基本手当・受講手当・通所手当)

基本手当とは

雇用保険の被保険者の方が離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職するために支給されるものです。雇用保険の一般被保険者に対する求職者給付の基本手当の所定給付日数(基本手当の支給を受けることができる日数)は、受給資格に係る離職の日における年齢、雇用保険の被保険者であった期間及び離職の理由などによって決定され、90日~360日の間でそれぞれ決められます。

受給期間の延長とは

失業保険をもらっている期間中にハローワークから紹介され公共職業訓練を受講すると失業保険(雇用保険)の受給期間は延長されます。原則として所定給付期間日数の2/3の受給日数を受け終わるまでに訓練を開始しないと訓練給付延長は受けられません

この訓練延長給付は、以下の3つの期間に適用されます。

  1. 公共職業訓練などを受けるために待機している期間
  2. 公共職業訓練などを受講している期間(最長で2年)
  3. 公共職業訓練などの終了後に再就職が困難な期間(最長30日)

公共職業訓練は3カ月、6カ月のコースが多く設定されていますが、若年層向けのコースには1年または2年間受講するコースも開設されています。この制度を上手に利用すると、本来の所定給付日数が90日しかない人も元の日数に加えて公共職業訓練を受給する期間分だけ支給日数が延長されることになります。

受講手当とは

受講手当は、受給資格者が公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受ける場合に支給されます。支給の対象となるのは、基本手当の支給の対象となる日のうち公共職業訓練等を受けた日です。

受講手当の日額は500円です。受講手当の上限額は20,000円です。

通所手当とは

通所手当は、受給資格者の住所又は居所から公共職業訓練等を行う施設へ通所するために交通機関、自動車等を利用する場合に支給されます。

通所手当の月額は通所方法によりますが、最高42,500円までです。

支給対象にならない日がある月については日割により減額して支給されます。

ポリテクセンター秋田

秋田の職業訓練 ハローワーク

面接合格ワンポイント 人気コースは倍率4倍

公共職業訓練の平均倍率は1.5倍程度か

過去には平均倍率が2~4倍と言われていた職業訓練も、人手不足を背景に、ここ数年の公共職業訓練の平均的な倍率は1.5倍程度のようです。もちろん、人気のエリアの人気のコースは4~5倍の倍率もコースもあるようです。

*参考までに、東京都のTOKYOはたらくネットでは、直近の応募状況を公表しています。(求職者向け職業訓練「民間教育機関での職業訓練」の訓練実施予定というページで最近の応募状況があ公表されています。)

また、求職者支援訓練は、受講の要件に「雇用保険の失業給付の受給」がないので「失業給付の延長」や「受講手当」などの対象外となり、公共職業訓練に比べて応募者が少ないようです。

*ハローワークに行くと、求職者支援訓練の「募集期間の延長」チラシがあったりしますので、定員割れのコースも多いと思います。

長期専門人材育成訓練でも1.5倍程度

2年間の長期専門人材育成訓練でも、平均すると倍率は1.5倍程度のようです。定員が数名のコースは5倍とかもありますが(3人定員で応募者15人とか)、20人程度の定員ならば30人ぐらいの応募のようです。

もちろん、長期専門人材育成訓練の場合は、失業給付の延長で追加の支給額が200~400万円程度になるため、応募受付の際にハローワークの窓口で厳選されているとは思いますが。

「職業訓練をきっかけに、これから勉強を始めたいです!」は要注意

職業訓練は授業料が無料の場合や、雇用保険の失業給付の延長・手当の給付の場合など、何らかの金銭的な特典がある制度です。訓練担当者はもとより、ハローワーク窓口で職業訓練を申込む際にも、緊張感をもった発言を心がけましょう。 業務的には全くの未経験であっても、ご自分の経験との接点や、職業訓練の分野については現在進行形で学習しているなどの発言ができたほうがよいです。